« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月29日 (日)

Pandemonium

Pandemonium~The Time

Pandemonium The Timeの4thアルバム

1984年リリースの3rdアルバムIce Cream Castlesからの活動休止期間を経て1990年に再結成し、リリースされたアルバム。

レーベルはPaisley Park Records

同じ年にPrinceは3作目の映画とともにGraffiti Bridgeをリリースしています

1. Dreamland

2. Pandemonium

3. Sexy socialites

4. Jerk out

5. Yount

6. Blondie

7. Donald Trump (black version)

8. Chocolate

9. Cooking class

10. Skillet

11. It's your world

12. Sometimes I get lonely

13. Data bank

14. My summertime thang

15. Pretty little women

プロデューサーはThe Timeのみのクレジット。DirectionにMorris Day ProductionのSupervisionとCoordinationにJam & LewisJesse Johnsonのクレジットがありますが、今回のアルバムにはPrince及び、彼の変名での直接のクレジットはありません。

レーベルこそPaisley Parkからのリリースですが、レコーディングもFlyte Tymeのスタジオ、スタッフを起用している曲もあり、サウンド的にもPrinceテイストどっぷりの感じではなくなっているように見えます。

が、実はこのPandemoniumのリリースの前年、1989年にPrinceの幻のプロジェクトCorporate Worldがあり、しかしこれが訳あってお蔵入りとなってしまい、そのアルバムの何曲かと、以前製作されたThe Timeのいくつかの曲をまとめて、一枚のアルバムとしてリリースしています。

このCorporate Worldのプロジェクト、PrinceMorris Dayが中心になって製作したアルバムですが、リリース直前にWarner Bros.から、どうせならThe Timeのオリジナルメンバーを集めてやったら?みたいな話しがあってPandemoniumの製作に移行したようです。理由はGraffiti Bridgeの映画の話題性の関係だといわれています。

夢心地のなかオルゴールの音色が流れ、ライブのオープニングの興奮を高めるナレーションの最中に電話のベルが鳴り、実はそれが夢だったと気付くニクイ演出の#1Dreamland

ほんと彼らのこういう洒落っ気のあるアルバムの作り方って最高ですね。 この辺は、ステージワークの演出にも共通しますが、ちょっとわざとらしいけどダサくはない、ギリギリのカッコよさ(笑)とでもいうのでしょうか。でも理解できない人もいっぱいいるでしょうけど。(笑)

#1の夢の国からつながって#2アルバムタイトルPandemonium。イントロ部分にCD盤にもチリチリとLPの音が入る、アップめのファンクナンバー。乗れるナイスな曲。 Wild and Loose と同様に”Fellas? - Yeah!”のかけ合いに続いて、#3Sexy Socialites そして#4The Timeとしての最大のヒット曲Jerk Outになだれ込んでいきます。

ほんと、いつもながらこのつなぎ方はカッコイイですね~。最高です。 因みにこのJerk Outは1981年アルバムWhat Time Is It?のレコーデイング時に製作されたものです。(こんな言い曲、何で収録しなかったんだろ?) そしてまたもや終盤に”Fellas? - Yeah!”のフレーズが出てきます。

#5.Yountに続き、#6. Blondie ロック色が強いので、てっきりJellybean Johnsonの曲かと思ってたら、Jesseの曲のようです。#7. Donald Trump [Black Version] カッコイイバラード曲。これがCorporate Worldで製作された曲です。

#8. セカンドシングルChocolate。これも Corporate Worldで製作された曲です。

料理の時間ですよの#9. Cooking Class に続き#10. Skillet。これもJellybeanの曲に見えますがJesseの曲のようです。

#11. It's Your World初期のThe TimeというかPrinceっぽい曲。終盤にならないとシンセのフレーズが入ってこないところなんか、ニクイ感じです。

曲調変わってスローバラード#12.Sometimes I Get Lonely。これはMorrisの曲のようです。Morrisは寂しがりやなのか?(笑)

#13. Data Bank。そして#14. My Summertime Thang 。これもCorporate Worldで製作された曲です。 エンディング#15. Pretty Little Women。なんか変な終わり方ですが、そこが彼ららしい感じもします。

今聞いても全く、古い感じがしない傑作アルバム。既にプロデューサーとして成功を収めているJam & LewisそしてPrince。それ以外にもソロで活躍している才能あふれるメンバーが集結したアルバムなので当然なのでしょうがやっぱりすごいアルバムです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

Ice Cream Castle

Ice Cream Castle~The Time

Icecreamcastle The Timeの3rdアルバム

1984年リリース。レーベルはWarner Bros

同じ年にPrinceは映画とともにPurple Rainをリリースしてます

1. Ice Cream Castles
2. My Drawers
3. Chili Sauce
4. Jungle Love
5. If the Kid Can't Make You Come

6. Bird

今回もプロデュースはThe Starr ★ CompanyことPrince。またほとんどの曲のソングライティングも手がけています。

前作、What Time Is It?から今回のアルバムではメンバーが入れ替わり、ジャケットを見てもわかるように、Jam & LewisとヒゲおじさんMonte Moirが脱退していなくなっています。

The Timeとしてデビューしたあたりから始めたプロデュース業のため、The Timeの興行に間に合わなくなり、そのことでPrinceともめたことが原因と言われてます。(因みに、このときにプロデュースしていたのはSOS Band

そして、Jam & Lewisと一緒に、じゃオレも辞めるわ。と同時に脱退したのがThe TimeのヒゲおじさんMonte Moirです。これ以降、Jam & Lewisと行動を共にして、彼らが絡むアルバムにプロデューサーとして参加し、いい楽曲を多く送り出しています。

このヒゲおじさんMonte Moirは、昔はやったドリフのヒゲダンスのヒゲおじさんにも似てるし、そういえばScatman Johnにも似てます。

Alexander O'Neal と同様、Prince殿下ともめて脱退したので、じゃ一緒にやるか。みたいな感じなのかはわかりませんが、この翌年にJam & LewisのプロデュースのもとAlexander O'Nealのデビューアルバムはリリースされています。

このアルバムはPrince自身の音楽性がポップロック化していくのと同じように、前作までのファンク色が影を潜め、より一層ポップに、カルーイ感じのサウンドになっています。

このアルバムのリリース以降、Jam & Lewis、Moirの脱退、そしてそれぞれのメンバーのソロ活動などで、バンドは一時休止状態になってしまいます。

Morris Dayは翌年1985年にColor of Successというソロアルバムをリリースしてます。

Jesse Johnsonも1984年にソロアルバムをリリース後、いくつかのソロアルバムをリリースしてます。

ほんとに、タレント揃いのバンドだったことが改めてわかりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

What Time Is It?

What Time Is It?~The Time

315g6w7psdl_2 The Timeの2ndアルバム

1982年リリース。レーベルはWarner Bros

同じ年にPrince1999をリリースしてます

1. Wild and Loose

2. 777-9311
3. Onedayi'mgonnabesomebody
4. Walk
5. Gigolos Get Lonely Too
6. I Don't Wanna Leave You

プロデュースは今回のアルバムではThe Starr ★ CompanyとなったPrinceが手がけており、Morris Dayもプロデューサーとしてクレジットされています。

デビューアルバムの翌年にリリースされていますが、前作より全体的に聴きやすく、ややポップな曲調になってます。

#1Wild and LooseThe Time独特のチープな感じの音づくりですが、グルーブ感はばっちりです、曲終盤のMorris とバンドメンバーとのかけ合いからそのままの流れで#2のイントロが特徴的なヒットナンバー777-9311が始まります。

このつなぎもカッコいいし、天下一品って感じがします。そういえば1999でも、1999Little Red Corvetteはこちらもかけ合いはないものの、同じような感じでつながってます。

#4Walk The Time初期のファンクナンバーの傑作。9分半ほどの曲で、お得意のベースのフレーズが延々と連続するグルーブが超カッコイイ曲です。

Morris Dayのボーカルが曲調にばっちりはまって、ほんといいグルーブ感が出ています。曲終盤に女の子(Vanity 6)と会話調になるところなども、よく聞くとバカらしくて、だけどなんかクールでイカス感じになるのは、やはりMorrisならではでしょう。

#5バラード調のジゴロの悲哀を歌ったGigolos Get Lonely TooMorrisのキャラがかぶる曲。

そして#6のI Don't Wanna Leave You。ラストナンバーの曲調が次回作Ice Cream Castlesにつながっていくような感じがします。

このアルバムから、ミスターミラーマンJerome Benton が参加しています。ステージだけでなく、アルバムでも曲中のMorrisとのかけ合いなどに活躍してます。Jeromeはダンスうまいですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

The Time

The Time~The Time

Thetime_debut

 Alexander O'NealCherrelleに続いては、ミネアポリスのスーパーファンクバンドThe Timeです。

The Timeのセルフタイトルのデビューアルバム

1981年リリース。レーベルはWarner Bros.

1. Get It Up
2. Girl
3. After Hi School
4. Cool
5. Oh Baby
6. Stick

ほとんどのソングライティング゙とプロデュースをJamie StarrことPrinceが手がけており、レコーデングもPrinceのスタジオで行なわれています。

オリジナルメンバーはMorris Day、Jesse Johnson、Jimmy Jam、Terry LewisJellybean Johnson、Monte Moir

The Timeとしてデビュー以前に、高校の仲間で結成したFlyte Tyme というバンドで活動をしています。この名前が後にJam & Lewisのプロダクション・レーベル名となっています。

Morris DayJesse JohnsonPrinceがサポートするようになってから加入し、Morris Dayの前のFlyte Tyme のボーカルはAlexander O'Neal でした。

が、Princeともめて脱退し、1985年にJam & Lewisのプロデュースによりソロシンガーとしてデビューします。

Princeが深くかかわっていることにより、当然Princeテイストが濃厚なアルバムとなっていて、楽曲や、音はもちろん、Morris Dayの声質はなんとなくPrince似だし、ルックス的にはJesse Johnsonがかなり近い感じです。Jesse JohnsonThe Revolutionで演奏してても全く違和感ない感じです。

アルバム的には、かなり荒削りな印象ですが、ミネアポリスファンクの王道を行っている感じがします。

デビューシングルとなる#1Get It Up もデープなファンク色が濃厚で9分以上もグルーブ感が続く、カッコいい曲です。

#4Morris Dayの代名詞 Coolも10分以上あり、いいグルーブ感が盛り上がる曲です。

後に、Jam & Lewisを筆頭に、優れたプロデューサーやソングライターとして活躍するメンバーが多く出ることになるこのThe Timeというバンドですがいまいち知名度が低いのはなぜてしょうか。

Princeの光が強すぎて、その影になってしまったからなのでしょうか。

ステージワークなんか最高にカッコイイのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

Greatest Hits

Greatest Hits ~Cherrelle

589494  Cherrelleの2作目のベストアルバム

 2005年リリース レーベルはTabu Records

 以前のベストアルバムが1st~3rdアルバムからのみの選曲だったのに対し、今回は4thアルバムThe Woman I Amのものまで収録。しかし5thアルバムThe Right Timeからの収録はなし。

1. Affair

2. I Didn't Mean To Turn You On
3. Everything I Miss At Home
4. Saturday Love feat Alexander O'Neal
5. FragileHandle With Care
6. Never In My Life
7. Never Knew Love Like This feat Alexander O'Neal
8. You Look Good To Me
9. Like I Will
10. Tears of Joy
11. Artificial Heart
12. Gee Whiz
13. What More Can I Do For You
14. When I Look In Your Eyes
15. Still In Love With You

Alexander O'Neal とのデュエットSaturday Love。そしてAlexのアルバムHearsayからのNever Knew Love Like This も入っていて、いい曲がそろっています。

ユーロリリース版は収録曲も違っていてRandy Ranとのデュエットの名曲Where Do I Run To が収録されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

The Right Time

The Right Time~Cherrelle

51eqkrbcdol_ss500__2 Cherrelleの5thアルバム

1999年リリース レーベルはPower Records

前作The Woman I Amと同様にJam & LewisそしてTabu Recordsから離れて製作されたアルバム。

1. Intro
2. Right Time
3. Stop Loving You
4. Just Tell Me
5. Don't
6. Sleepin' With the Enemy
7. Interlude
8. Next to You
9. Baby, Come to Me
10. Never Leave You Lonely
11. Into My Eyes
12. Pillow Talk
13. Let It Go
14. Saturday Love
15. Outro

プロデューサーはColin Wolfe, Christopher Troy, Steven "Stevie J" Jorden, Zac Harmon, Bobby Antoine.らが参加。

このアルバムも行方不明になってしまったので、現在捜索中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

The Best of Cherrelle

The Best of Cherrelle~Cherrelle

C32926ut262  Cherrelleのベストアルバム

 1995年リリース レーベルはTabu Records

 1stアルバムFragile、2ndアルバムHigh Priority、3rdアルバムAffairからセレクト。

Jam & Lewis抜きの4thアルバムThe Woman I Amからは一曲も収録なし。

1. I Didn't Mean to Turn You On

2. Saturday Love
3. Affair
4. Everything I Miss at Home
5. Keep It Inside
6. You Look Good to Me
7. Fragile...Handle With Care
8. Will You Satisfy?
9. High Priority
10. Artificial Heart

1st、2ndアルバムからの収録曲が多く、Cherrelleの初期の頃のフィーリングやサウンド感が結構が楽しめるアルバムです。

出来れは 2ndアルバムHigh Priorityに入っている、Randy RanとのデュエットWhere Do I Run To も収録して欲しかったという気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

The Woman I Am

The Woman I Am~Cherrelle

Cherrellethewomaniam_1  Cherrelleの4thアルバム

 1991年リリース レーベルはTabu Records

 レーベルはTabu Recordsながら、Jam & Lewisはノータッチ。

この頃彼らめちゃくちゃ忙しかったからでしょうか。

代りに、こちらもブラコン界の大御所、Narada Michael Waldenが数曲プロデューサーとして入りアルバム全体をまとめ上げています。 

1. Never in My Life
2. 7 Days a Week
3. Baby It's You
4. Still in Love with You
5. Love Me Tonight
6. Woman I Am
7. Tears of Joy
8. Gee Whiz
9. Nothing's Ever Gonna Stop (The Way I Feel)

10. Where Do We Go from Here?

オープニングからしっとりと落ち着いたメロディーラインにCherrelleのパンチのあるボーカルがさえる#1

続いてこちらも哀愁漂うメロディアスな#2。いい曲です。

#3、#4、#5と軽めのミディアムナンバーが続き、アルバムタイトルのスローバラード#6。Cherrelle自身も本名のCheryl Nortonとしてクレジットされています。

曲調が変わりアップめで、キャッチーな#7

スローな#8、そしてまた軽快でアップめの#9

そして、しっとりとしたスローの#10でエンディング。

プロデューサーとしてNarada Michael Waldenが参加し、Jam & Lewis色は全くないアルバムですが、さすが女性ボーカルのプロデュースを得意とするNarada Michael Waldenならでは、いい雰囲気のアルバムに仕上がっています。

スマッシュヒットの曲こそないものの、思わずひたってしまうような佳作が多く入っていて、やっぱりさすがだと思います。

Jam & Lewisとも離れ、そしてTabu Recordsレーベルからのリリースは今回までで、次回作からは別のレーベルからのリリースとなってしまいます。

Alexander O'Neal と同じような運命を辿り、次回作を最後にオリジナルアルバムが出ていないCherrelle姉さんですが、このアルバムのライナーにもJam & Lewisへの感謝とAlexへのメッセージが記されています。

オリジナルアルバムはともかく、ライブでもAlexCherrelleのデュエットをもう一度見たいなと思いますが、ちょっと無理かな。。。誰でも歳をとりますからね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

Affair

Affair~Cherrelle

         Cherrelleaffair400074             Cherrelleの3rdアルバム。

  1988年リリース レーベルはTabu Records

  2ndアルバムのHigh Priority から3年後の作品

1. Looks Aren't Everything

2. Pick Me Up

3. Discreet

4.Happy That You're Happy With Me

5. Affair
6. What More Can I Do For You

7.Foolin' Around

8.Everything I Miss at Home

9. Keep It Inside
10. My Friend
11. Crazy
12. Lucky
13. Home

#1~6、8、9、13がJam & Lewisのプロデュース。#7がTHE TIMEのドラマーJellbeen Johnsonnのプロデュース。10、11、12がCherrelle、Randy RanそしてFlyte TymeのエンジニアSteve Hodgeのプロデュース。

このアルバムではCherrelleが全ての曲にプロデュースまたは共同プロデュースとしてクレジットされています。

またいくつかの曲でCherrelle Nortonとして作詞にもクレジットされていて、Cherrelle姉さんのこのアルバムにかける意気込みが感じられます。

Alexander O'Nealの傑作アルバムHearsayの翌年のリリースで音的にはかなり似たような感じがしますが、前作High Priority より洗練されて、シャープな音になった印象です。

今回もまた前作と同じく、やや重厚な感じの前奏から始まり、ドラムのパンチのあるリズムが効いたアップめの#1.Looks Aren't Everything がオープニング。コーラスにはおなじみのLisa Keithのクレジット。

#2.Pick Me Up も#1と同様にリズム感のあるアップめの曲。

#3.Discreetも同じような感じで流れていきます。曲中Hearsayからのサンプリングが入っています。

#4.Happy That You're Happy With Meもややアップめの曲でそのままの流れでアルバムタイトルの#5.Affairへ。

#6は前作のArtificial Heart にやや似た感じ。コーラスにRandy Ranのクレジットがあるがよくわからなかった。

#7.Foolin' Aroundは少しおちついてやっとミドルテンポに。Jellbeen Johnsonnのプロデュース。

がらっとシックに曲調がかわって#8.Everything I Miss at HomeAlexander O'Nealがゲストボーカルで控えめに絡んでます。こういう絡み方もカッコイイです。

.Keep It Inside はかっちりとAlexと組んだデュエットナンバー。ミドルテンポでいつもながら息の合った二人のかけ合いが楽しめる曲。

#10から#12はRandy Ranとの競作のスローナンバーが続く。 Cherrelleのパンチがあって透明感のある歌唱力が堪能できます。#11.の Crazyなんてしっとりしていい曲です。

#13.Homeのシックなインストでエンディング。

Cherrelle姉さんの力が入ったアルバムですが、前半に似たような曲入り長くなりすぎたため、全体のバランスが悪くなっている感じがします。

シングル的には、いい曲がいくつかありますがアルバム的には今ひとつ物足りない感じでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

High Priority

High Priority ~Cherrelle

469     ミネアポリスの歌姫 Cherrelleの2ndアルバム。

  1985年リリース レーベルはTabu Records

  2003年にリマスター版のCDが出ています。

1984年リリースのデビューアルバムが結構売れたせいか、その翌年にリリースされてます。

1. Opening
2. You Look Good to Me
3. Artificial Heart
4. New Love
5. Oh No It's You Again
6. Saturday Love
7. Will You Satisfy?
8. Where Do I Run To
9. High Priority
10. New Love (Reprise

#1~4、6、7、10がJam & Lewisのプロデュース。#5がMonte Moir。#8がCherrelle、H.Davis、D.Williams、#9がSpencer Bernardのプロデュース。

重厚感のあるオープニングからはじまり、そのままつながってアップめでファンク色の強い#2You Look Good to Meへ。このYou Look Good to Meのフレーズは次回作Affairのオープニング曲でも使われています。

Cherrelleの声のサンプリングや色々な効果音を使った#3Artificial Heart。音色も含め人工的な感じは確かによく出てます。この曲のPVは結構お金をかけて作られています。

ミディアム調ながらいいグルーブ感のある#4。そしてMonte Moirおじさんプロデュースの#5へ。これもシンセがいい感で入ってグルーブ感がある曲。THE TIMEぽいというより、殿下テイストがする感じ。

シーンチェンジのシックなピアノのイントロが流れ(LPではここからB面)、Alexander O'Neal と、ナイトクラブでの台詞のやり取りが入り、続いて80年代ブラコン界に燦然と輝くデュエット曲の金字塔(笑)、Saturday Loveのイントロが流れてきます。

以前どなたかのHPでこのSaturday Loveのイントロが流れると鳥肌が立つと書いてありましたが、ほんとにその通りでたまにラジオからこの曲のイントロが流れてくると、そのぐらいのインパクトがある曲です。

シックなベースラインとしっとりとしたコーラス。それにCherrelleの押さえ気味のボーカルとAlexのシルキーで伸びのある声が絶妙に絡み合い、情景が浮かび上がるような感じがします。

デュエットでもいい曲は数多ありますが、個人的にはこの曲がベストだと思ってます。ちなみに2番目はLuther Vandrosscheryl lynnIf This World Were Mineです。

#7はドラムの音が特徴的でムーディーな曲。

そしてまた間奏がはいってRandy Ranとのデュエット#8Where Do I Run To。これもめちゃくちゃいい曲です。 この曲もIf This World Were Mineと同率で好きな曲の第2位です。

CherrelleのダンナとなるこのRandy Ranですが、Johnny GillAfter 7などのアルバムにもプロデューサーとして参加してます。が、ボーカリストとしての力量もかなりのものでこのWhere Do I Runは短い曲ながら、シンプルなピアノに反比例して盛り上がっていくCherrelleRandy Ranの凝縮された歌唱力が堪能できる名曲です。

アルバムタイトルの#9. High Priority。アルバム全体の雰囲気を崩さないラスト曲。そして最後の最後に New Love のRepriseでエンディング。

このCherrelleの2ndアルバムはSaturday Loveに代表される様なアルバム全体に漂う雰囲気が好きですね~。雰囲気に浸りすぎてちょっと長くなりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »