« Greatest Hits | トップページ | ビルボードライブでKeith Sweat »

2007年10月30日 (火)

Separate Ways

Separate Ways~Mary Davis

C5e54310fca037162ed9a010_aa240_l  THE S.O.S BANDのメインボーカルだったMary Davis のソロアルバム

  1990年リリース。レーベルは Tabu Records

1.Don't Wear It Out

2.Baby, Baby (you Ain't Treatin' Me Right)

3.Separate Ways

4I'm Gonna Love You Better

5.I Get Nervous

6.I Wanna Be Sure

7.Some Kind Of Lover

8.Have You Been Loved?

9.Sweet Obsession

聴き覚えのあるサウンドのイントロから始まるオープニング1).Don't Wear It Out。ライナーを見るとLA& Babyfaceのクレジット。

う~ん。そうきたか(笑)といった感じがしますが、バッチリ当時のはやりの音になっています。他にLAface一派の曲がありますが、彼らの直接のプロデュースはこの曲のみです。

アップめの2).Baby, Baby (you Ain't Treatin' Me Right)これもはやりの音です。

アルバムタイトルのスローバラード3).Separate Ways。しっとりとした良い曲。でもこのタイトルってそのまんまやんけ。という感じもします(笑) やはりアップめの曲よりも、スローのほうが彼女の良い持ち味が出ます。

LAfaceっぽいが実は違う4).I'm Gonna Love You Better

こんどはいまいちLAfaceっぽくないが実はLAface5).I Get Nervous

スローナンバー6).I Wanna Be Sure

アップめの7.Some Kind Of Lover。これもLAfaceというか、Karyn Whiteっぽい感じですがLAfaceではありません。

こんどは典型的なLAfaceサウンド8).Have You Been Loved?

ポップ調のラストナンバー9).Sweet Obsession。

全体を通じてソツのない印象のアルバム。それぞれの楽曲は悪くないし、当時のはやりの音もしっかり押えて作られています。

が、なにか足りないという感じ。S.O.S BANDをバックに歌っていたときは、なんとなくバンドの織り成すサウンドの厚みや深みのようなものが感じられたが、このアルバムではそういったものがまったく感じられません。

残念ながら、売れ線をねらって作られたアルバムのような感じがしてMary Davis のキャリアと、ポテンシャルが、まったく生かされていない気がします。

ソロ転向は一つの決断だったと思いますが、プロデューサーの選択にもっと気を使ったほうがよかったかも知れません。

しかし、現在Mary Davisはまた古巣のS.O.S BANDのメンバーと一緒に活動しているようです。

めでたしめでたし(笑)

|

« Greatest Hits | トップページ | ビルボードライブでKeith Sweat »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199507/16892437

この記事へのトラックバック一覧です: Separate Ways:

« Greatest Hits | トップページ | ビルボードライブでKeith Sweat »