« Keep It Comin' | トップページ | Keith Sweat »

2007年11月15日 (木)

Get Up on It

Get Up on It~Keith Sweat

Getuponit3 Keith Sweatの4thアルバム

  1994年リリース。レーベルはElektra

 前作とは変わって、俺ってどう?と言わんばかりにこちらを直視しているジャケ写です(笑)          

1. Interlude (How Do You Like It?)
2. How Do You Like It?, Pt. 1
3. It Gets Better
4. Get Up on It
5. Feels So Good
6. How Do You Like It?, Pt. 2
7. Intermission Break
8. My Whole World
9. Grind on You
10. When I Give My Love
11. Put Your Lovin' Through the Test
12. Telephone Love
13. Come Into My Bedroom
14. For You (You Got Everything)

1.)Interludeから始まる2)How Do You Like It?, Pt. 1 。HIPHOPテイストの曲

ラップパートに2002年に自動車事故により若くしてなくなってしまったTLCLisa "Left Eye" Lopesをフィーチャーしています。

Keith Sweatお得意のゆったりとしたスロー3). It Gets Better。Keith自身のコーラスとシンセベースがいい感じです。

アルバムタイトル4). Get Up on It。 Keith Sweatが見出しプロデュ-スしたアトランタの3人娘Kut Kloseをフィーチャーしている、というかほとんどデュエットに近い曲です。

この曲もKeith Sweatお得意のゆったりとしたスロー。コーラスがネットリと絡み合って粘性の高い曲です。Kut Kloseはこのアルバムの翌年1995年にデビューアルバムをリリースしますが、残念ながらあまり売れませんでした。上手いし、すごく良い声してるのに。

チャカチャカした感じのミディアム5). Feels So Good

そしてまた2曲めのパート2、6). How Do You Like It?, Pt. 2アレンジもそんなに変わらないしパート1との違いがあまりよくわからない感じです(笑)

みんなを紹介しますよ~7). Intermission Break

またKeith Sweatワールドに戻って8). My Whole World。ワンパターンというか同じような感じと思う人もいるかも知れませんが、これでいいんです。(笑)

タイトルがそのまんまやんけ(笑)という感じのスロー&エロー9). Grind on You。まったく同感です。 (笑)

どんどんKeith Sweatワールドが深まって10). When I Give My Love 。これもいい感じのスロー。ネットリ系のボーカルとコーラスが絶妙です。

そしてイントロのボコーダーでわかるようにZAPPRoger Troutmanをフィーチャーしている11). Put Your Lovin' Through the Test。これもいい曲。ボコーダーの元祖Roger Troutmanも1999年に亡くなっているそうです。これは知りませんでした。

これもあやしい感じの12). Telephone Love。あやしい会話に続いて13). Come Into My Bedroom。。。そうですか。そうですよねやっぱり(笑)  でもこれもメロディアスでいい曲。

14). For You (You Got Everything) でエンディング。

今回もKeith Sweat自身がライティングも含め単独、又は共同で全ての曲をプロデュ-スしています。

また、ゲスト陣も毎回意外というかファンが喜びそうなアーティストをフィーチャーしていてこのあたりの人選からもKeith Sweatのプロデュ-サーとしての才能がうかがえます。

これも、全体として完成度の高い、いいアルバムだと思います。

|

« Keep It Comin' | トップページ | Keith Sweat »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199507/17073742

この記事へのトラックバック一覧です: Get Up on It:

« Keep It Comin' | トップページ | Keith Sweat »