« Get Up on It | トップページ | Philly Soul Xmas Night in Ginza »

2007年12月 4日 (火)

Keith Sweat

Keith Sweat~Keith Sweat

Keith_sweat_album_cover Keith Sweatの5thアルバム

  1996年リリース。レーベルはElektra

 5作目にしてセルフタイトルのアルバム 

 

1. Twisted
2. Funky Dope Lovin'
3. Yumi
4. Whatever You Want
5. Just a Touch
6. Freak with Me
7. Nature's Rising (Interlude)
8. Come With Me
9. In the Mood
10. Show Me the Way (Interlude)
11. Nobody
12. Chocolate Girl
       

心地よいイントロから始まるヒットナンバー1). Twisted。バックにKut Kloseが参加しています。Kut KloseAthena Cageはライターとしてもクレジットがあります。Keith Sweatのヒットナンバーの中でも5本の指に入る名曲。

Gerald LeVertGuyAaron Hallの贅沢な2人のボーカリストをフィーチャーした2). Funky Dope Lovin' 。タイトル通りDopeな雰囲気の曲。それにしても贅沢なコーラスです。

でもなぜこの2人を組み合わせたのでしょうか?以前3rdアルバムKeep It Comin' ではThe Gap Bandcharlie wilsonがフィーチャーされています。そのcharlie wilsonAaron Hallは1992年映画Boomerangのサントラで共演していますが、そのあたりの縁なのでしょうか。

落ち着いた感じのスロー3). Yumi

続いてもメロディアスな曲調のスロー4.) Whatever You Want。お決まりの粘着系Keith Sweat ワールドが展開されます。

ややアッパーでポップテイストの5). Just a Touch

ラップから始まるHIPHOPテイストの6). Freak with Me

7). Nature's Rising (Interlude) をはさみ、彼らこそ文句なくR&B界のレジェンド The Isley BrothersRonald Isleyを迎えた8). Come With Me

イントロからRonaldのメローなコーラスが入り、曲中でもRonaldのパートがあって Ronald Isley節をしっかりと披露してくれます。どちらも個性が強すぎるので、ボーカル同士の相性はお世辞にもいいとはいえませんが貴重なコラボです。同じ年にリリースされたIsley BrothersのアルバムMission to PleaseではKeith Sweat が彼らをプロデュースした曲が収められています。

またゆったりとしたスロー9). In the Mood。これもお得意のコーラスワークがいい感じの曲です。

Interludeといいながら、結構な長さがある10.) Show Me the Way (Interlude)

そしてこれもKeith Sweatのヒットナンバーの中でも5本の指に入る11). Nobody 。この曲ではKut KloseでなくAthena Cageとしてクレジットされています。ゆったりとした粘着系のリズムとコーラスとそれぞれのボーカルが絡み合うバラードの名曲です。

ゆったりとしたスローの12). Chocolate Girl。 最後も定番のKeith節でエンディング。

自らの名前をタイトルにしてかなり気合を入れて製作したアルバムだと思います。1). Twisted 。11). NobodyKeith Sweatといえばこの曲的なヒットが2曲もあり、R&B界の大御所Ronald Isleyを迎えた8.) Come With Me もいい曲です。

しかし、ヒットした曲にインパクトがありすぎるのか、アルバム全体として今ひとつまとまりがない感じがします。もちろんKeith Sweatのアルバムですから、全体の雰囲気、曲調は統一されていて一定レベル以上にありますが、アルバムとしての一体感がちょっと希薄な感じがします。

|

« Get Up on It | トップページ | Philly Soul Xmas Night in Ginza »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199507/17263535

この記事へのトラックバック一覧です: Keith Sweat:

« Get Up on It | トップページ | Philly Soul Xmas Night in Ginza »