« Surrender | トップページ | R.S.V.P. »

2008年2月 9日 (土)

OL SKOOL

OL SKOOL~OL SKOOL

Olskool1  前回のKut Klose同様Keith Sweatに見出され、彼のアルバムにも

 参加しているOL SKOOLのデビューアルバム。

 1997年リリース。レーベルは Universal

          

1. Don't Be Afraid (Interlude)
2. Set You Free
3. Come With Me
4. Slip Away
5. I'm Still Here 4 U
6. Without You
7. Just Between You & Me
8. It Won't Let Go
9. Don't Be Afraid
10. Am I Dreamin'
11. Touch You
12. Set You Free (Outerlude)

OL SKOOLBobby Crawford、Curtis Jefferson、Pookie、Tony Loveの4人組

BobbyCurtisはライティングやプロデュ-スにもクレジットがあります。

後半のDon't Be Afraidのイントロでオープニング1). Don't Be Afraid (Interlude)

なんとなくさわやかな感じがする心地よいリズムの2). Set You Free。夏の昼下がりにプールで泳いだ後にコロナビールでも飲みながら聴きたい曲(笑)。

コーラスがいい感じの3). Come With Me 。彼らはこのアルバム全般にわたって深みがあって尚且つキレもある上質のコーラスを聴かせてくれます。サウンド的にもいい感じのスローナンバー。

どこかで聴いたことがあるようなキレイ系のスロー4). Slip Away 。でも音の感じは好きです。

今度はマッタリ系のスロー5). I'm Still Here 4 U

アコースティックギターの音色が懐かしさを感じさせるスロー6). Without You 。ドラムの音色とコーラスのバランスもパッチリのいい曲です。

同じような感じの7). Just Between You & Me

ラップパートが入った8). It Won't Let Go。シンセベースが効いたミネアポリスサウンドっぽい曲。ついついこのラインのシンセベースには反応してしまいます(笑)

オープニングにイントロがあったメロディアスな曲9). Don't Be Afraid

そしてKeith Sweatプロデュ-スの10). Am I Dreamin' 。この曲にはKeith Sweat自身とXscapeのお姉さん方をフィーチャーしています。 いい曲だと思ったらAtlantic Starrのカバーのようです。

この曲のPVにはKeith Sweat初め皆さん勢ぞろいで出演しています。色々な意味でナイスなPVです(笑)。

http://www.youtube.com/watch?v=RrKMQdHXsyA&feature=related

一転してやや軽めの曲調11). Touch You

Kut Klose同様このアルバムもKeith Sweatがエグゼグティブプロデュ-サーとなり製作をバックアップしています。

しかし、それぞれの曲自体は彼ら自身でプロデュ-スしているので、Keith Sweatテイストがそれほど濃厚には感じられません。彼らの声質のせいもあるのかも知れませんが、全体的にはライトな感じに仕上がっています。

Keith Sweat的な濃厚なネットリ感がないせいか、いまいち印象の薄い感じがします。

それぞれの曲は悪くなく、今回もKeith Sweatに駄作なしというセオリーは変わらないのですが、アルバム全体のインパクトとしては弱かったかな~という感じです。音的にはこのアルバムの感じは好きなんですけどね。

|

« Surrender | トップページ | R.S.V.P. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199507/40057312

この記事へのトラックバック一覧です: OL SKOOL:

« Surrender | トップページ | R.S.V.P. »