Cherrelle

2008年5月 3日 (土)

billboard-liveでAlexander O'Neal with Cherrelle

billboard-live東京で行なわれたAlexander O'NealCherrelleのライブに行ってきました

ドラマーがドラムを叩きながらイントロのMCをやってAlexが登場。相変わらずの巨体ではありましたが、そんなに歳をとった感はありませんでした。

Alexは1953年生まれなので現在55歳。でもやはりJam & Lewisと組んでキラキラと輝くようなアルバムをリリースしていた頃のイメージが強烈に残っているため、どうしてもその頃のイメージを重ねてしまいます。

一曲目は、雰囲気のあるジャケットが素敵な1stアルバムAlexander O'NealからWhat's Missing。ちょっと意外な選曲でオープニング。しかしこのWhat's Missingも隠れた名曲ではあります。

のっけから声を張り上げて汗だくになっていたAlexでしたが、艶のある伸びやかな声質と巨体から発せられる声量の大きさはまったく衰えを感じさせませんでした。

ただ、ライブだからといってあまりにも歌詞の譜割りをはずし過ぎ一歩間違えると、「オッ、オッ、オサムちゃんですっ!」みたいになりかかってるのは気になりました(笑)

2曲目は1991年リリースの4thアルバムAll True Man からAll True Man

3曲目は1987年リリースの2ndアルバムHearsayから(What Can I Say) To Make You Love Me。この曲は傑作アルバムHearsayのオープニングナンバーですが、アッパーでキラキラ感があって大好きな曲です。

4曲目もアルバムHearsayからオリジナルはゴスペルテイストのThe Lovers

5曲目はちょっとクールダウンして1stアルバムからIf You Were Here Tonight。ストリングスの音色が心地いいMonte Moirのヒゲおじさんプロデュースの名曲ですが、ライブでやるのは意外な感じも。

そしてここでゲストとしてCherrelleが紹介され、6曲目Hearsay収録の名デュエットNever Knew Love Like Thisになだれ込んでいきます。

Cherrelleもここ最近は活動しているのかどうかわかりませんでしたが、Alexと同じく伸びやかな声と声量は往年と全くと言っていいほど変わっていないのには感動すら覚えました。

歌詞にあわせたボーカルの掛け合いもブランクがあるとはいえ、今まで数々のデュエット曲を一緒に歌いこんできただけあって、あうんの呼吸というか絶妙な間合いで息の合ったところを存分に披露してくれました。

因みにCherrelle姉さんは1958年生まれなので現在50才です。さすがにタイトな衣装はもう無理なのかも知れませんが、それでもまだまだ十分にイケてる感じがしました。さすがです。

そして7曲目はAlexander O'NealCherrelleといえばこの曲、1985年リリースCherrelleの2ndアルバムHigh Priorityに入っている傑作デュエットナンバーSaturday Love

イントロが流れるだけで、もう別世界へという感じです(笑)この曲もAlexCherrelle姉さんの絶妙な掛け合いがありましたが、曲が終わると残念なことにCherrelle姉さんはステージを降り、楽屋へ引き上げてしまいました。ゲストという紹介にイヤな予感はしたのですが。。。

その後、再びAlexがアルバムHearsayからJellbeen JohnsonnプロデュースのCriticize、そしてラストは客席に下りて大ヒットファンクナンバーFakeを。

そしてFakeを歌いながら楽屋へ引き上げ公演は終了。。。

公演時間としては開始から終了まで約1時間強でしたが、AlexとCherrelleの年齢、1日2回で計6回のステージ、そしてチャージからするとこの公演内容で十分という感じはします。

しかし、折角AlexCherrelleそろってのステージなのでもう少し彼らの歌を聴きたかったというのが本音です。Cherrelleも5枚のオリジナルアルバムをリリースし、素晴しい曲を数多く持っているシンガーなのでCherrelleのソロも是非聴きたかった。残念です。

ライブレストランとはいえ、アーチストのキャリアや内容によってはチャージを3倍ぐらいにしてもいいから1回転にして1ステージの時間を長くするという方法もあるのではないでしょうか。

とはいえ、楽しかった90年代に引き戻されるような、素晴しい時間を提供してくれたAlexCherrelleに感謝し、彼らの素晴しいアルバムのリリースを期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

Alexander O'Nealの兄貴とCherrelle姉さんがやってくる

今日5月1日はbillboard-live大阪、5月2日と3日はbillboard-live東京にAlexander O'Nealの兄貴とCherrelle姉さんがやってきます。

2人そろっての来日公演とはなんと気が利いたセッテングでしょう。まさに1989年の「TABU NIGHTS」の再現じゃありませんか!

どんなステージになるか、軽い興奮状態が続く今日この頃です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

Sands of Time

Sands of Time~THE S.O.S BAND

Sossandsoftime1986    SOS BANDの6thアルバム

  1986年リリース。レーベルは Tabu Records

  Sands of Timeだけに砂漠のイメージのジャケット。どこかダリの絵を連想させるような不思議な感じのするジャケットです。

1. Even When You Sleep

2. Sands of Time
3. Borrowed Love
4. Nothing But the Best
5. Finest
6. No Lies
7. Two Time Lover
8. Do You Still Want To?

プロデューサーはJam & Lewis。数曲THE S.O.S BANDがプロデュース。

ミュージシャンにはJellybean Johnson、Jerome Benton などまたThe Time流れの名前があります。

けだるい感じのオープニング1). Even When You Sleep。前作のJust The Way You Like Itからはサウンド的にかなり変化しています。

アルバムタイトル2). Sands of Time。ゆったりとして、メロディアスないい曲です。リゾートホテルのプールサイドに寝そべってトロピカルドリンクを飲みながら聴きたいような曲。

ミディアム調のグルーブ感がある3). Borrowed Love。

ミディアム調のシンセのフレーズが特徴的な4. Nothing But the Best 。これもメロディアスでファンクテイストのいい曲です。

そして大ヒットナンバー5). Finest 実はTHE S.O.S BANDを知ったのはこの曲でした。CDのライナーにはクレジットがありませんがAlexander O'NealCherrelleも参加しているようです。よく聴くとAlexの声はなんとなくわかりますがCherrelleはちょっとわかりません。

特徴のある乾いたようなドラムのツンタカした音色とシンセのボンボンボンという音色とMary Davisの厚みのある声がクールに調和して最高にカッコイイ曲です。当時、かなりはやりました。

続いてファンクテイストバリバリの6. No Lies。THE S.O.S BANDもいい曲がかなりありますが、その中でもベスト3に入り確実の大好きな曲です。

そしてまたミディアム調の7). Two Time Lover

8). Do You Still Want To? イントロが砂漠のジャケットのイメージにぴったりなラストナンバー。なんとなく哀愁漂うメロディに寂しさを感じつつエンディング

このアルバムも擦り切れるぼど聞き込んだ覚えがあります。アルバム全体としての雰囲気も統一されていて、メリハリもあってJam & Lewis作品の中でも間違いなく傑作の部類に入る一枚です。

3部作の最後となる今回のアルバムは傑作となりますが、次作からはレーベルはTabu Recordsながら、Jam & Lewisはプロデューサーから外れ、メインボーカルのMary Davisは脱退してソロに転向してしまいます。

振り返ってみると、このアルバムがTHE S.O.S BANDとしてのピークだったように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

Greatest Hits

Greatest Hits ~Cherrelle

589494  Cherrelleの2作目のベストアルバム

 2005年リリース レーベルはTabu Records

 以前のベストアルバムが1st~3rdアルバムからのみの選曲だったのに対し、今回は4thアルバムThe Woman I Amのものまで収録。しかし5thアルバムThe Right Timeからの収録はなし。

1. Affair

2. I Didn't Mean To Turn You On
3. Everything I Miss At Home
4. Saturday Love feat Alexander O'Neal
5. FragileHandle With Care
6. Never In My Life
7. Never Knew Love Like This feat Alexander O'Neal
8. You Look Good To Me
9. Like I Will
10. Tears of Joy
11. Artificial Heart
12. Gee Whiz
13. What More Can I Do For You
14. When I Look In Your Eyes
15. Still In Love With You

Alexander O'Neal とのデュエットSaturday Love。そしてAlexのアルバムHearsayからのNever Knew Love Like This も入っていて、いい曲がそろっています。

ユーロリリース版は収録曲も違っていてRandy Ranとのデュエットの名曲Where Do I Run To が収録されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

The Right Time

The Right Time~Cherrelle

51eqkrbcdol_ss500__2 Cherrelleの5thアルバム

1999年リリース レーベルはPower Records

前作The Woman I Amと同様にJam & LewisそしてTabu Recordsから離れて製作されたアルバム。

1. Intro
2. Right Time
3. Stop Loving You
4. Just Tell Me
5. Don't
6. Sleepin' With the Enemy
7. Interlude
8. Next to You
9. Baby, Come to Me
10. Never Leave You Lonely
11. Into My Eyes
12. Pillow Talk
13. Let It Go
14. Saturday Love
15. Outro

プロデューサーはColin Wolfe, Christopher Troy, Steven "Stevie J" Jorden, Zac Harmon, Bobby Antoine.らが参加。

このアルバムも行方不明になってしまったので、現在捜索中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

The Best of Cherrelle

The Best of Cherrelle~Cherrelle

C32926ut262  Cherrelleのベストアルバム

 1995年リリース レーベルはTabu Records

 1stアルバムFragile、2ndアルバムHigh Priority、3rdアルバムAffairからセレクト。

Jam & Lewis抜きの4thアルバムThe Woman I Amからは一曲も収録なし。

1. I Didn't Mean to Turn You On

2. Saturday Love
3. Affair
4. Everything I Miss at Home
5. Keep It Inside
6. You Look Good to Me
7. Fragile...Handle With Care
8. Will You Satisfy?
9. High Priority
10. Artificial Heart

1st、2ndアルバムからの収録曲が多く、Cherrelleの初期の頃のフィーリングやサウンド感が結構が楽しめるアルバムです。

出来れは 2ndアルバムHigh Priorityに入っている、Randy RanとのデュエットWhere Do I Run To も収録して欲しかったという気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

The Woman I Am

The Woman I Am~Cherrelle

Cherrellethewomaniam_1  Cherrelleの4thアルバム

 1991年リリース レーベルはTabu Records

 レーベルはTabu Recordsながら、Jam & Lewisはノータッチ。

この頃彼らめちゃくちゃ忙しかったからでしょうか。

代りに、こちらもブラコン界の大御所、Narada Michael Waldenが数曲プロデューサーとして入りアルバム全体をまとめ上げています。 

1. Never in My Life
2. 7 Days a Week
3. Baby It's You
4. Still in Love with You
5. Love Me Tonight
6. Woman I Am
7. Tears of Joy
8. Gee Whiz
9. Nothing's Ever Gonna Stop (The Way I Feel)

10. Where Do We Go from Here?

オープニングからしっとりと落ち着いたメロディーラインにCherrelleのパンチのあるボーカルがさえる#1

続いてこちらも哀愁漂うメロディアスな#2。いい曲です。

#3、#4、#5と軽めのミディアムナンバーが続き、アルバムタイトルのスローバラード#6。Cherrelle自身も本名のCheryl Nortonとしてクレジットされています。

曲調が変わりアップめで、キャッチーな#7

スローな#8、そしてまた軽快でアップめの#9

そして、しっとりとしたスローの#10でエンディング。

プロデューサーとしてNarada Michael Waldenが参加し、Jam & Lewis色は全くないアルバムですが、さすが女性ボーカルのプロデュースを得意とするNarada Michael Waldenならでは、いい雰囲気のアルバムに仕上がっています。

スマッシュヒットの曲こそないものの、思わずひたってしまうような佳作が多く入っていて、やっぱりさすがだと思います。

Jam & Lewisとも離れ、そしてTabu Recordsレーベルからのリリースは今回までで、次回作からは別のレーベルからのリリースとなってしまいます。

Alexander O'Neal と同じような運命を辿り、次回作を最後にオリジナルアルバムが出ていないCherrelle姉さんですが、このアルバムのライナーにもJam & Lewisへの感謝とAlexへのメッセージが記されています。

オリジナルアルバムはともかく、ライブでもAlexCherrelleのデュエットをもう一度見たいなと思いますが、ちょっと無理かな。。。誰でも歳をとりますからね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

Affair

Affair~Cherrelle

         Cherrelleaffair400074             Cherrelleの3rdアルバム。

  1988年リリース レーベルはTabu Records

  2ndアルバムのHigh Priority から3年後の作品

1. Looks Aren't Everything

2. Pick Me Up

3. Discreet

4.Happy That You're Happy With Me

5. Affair
6. What More Can I Do For You

7.Foolin' Around

8.Everything I Miss at Home

9. Keep It Inside
10. My Friend
11. Crazy
12. Lucky
13. Home

#1~6、8、9、13がJam & Lewisのプロデュース。#7がTHE TIMEのドラマーJellbeen Johnsonnのプロデュース。10、11、12がCherrelle、Randy RanそしてFlyte TymeのエンジニアSteve Hodgeのプロデュース。

このアルバムではCherrelleが全ての曲にプロデュースまたは共同プロデュースとしてクレジットされています。

またいくつかの曲でCherrelle Nortonとして作詞にもクレジットされていて、Cherrelle姉さんのこのアルバムにかける意気込みが感じられます。

Alexander O'Nealの傑作アルバムHearsayの翌年のリリースで音的にはかなり似たような感じがしますが、前作High Priority より洗練されて、シャープな音になった印象です。

今回もまた前作と同じく、やや重厚な感じの前奏から始まり、ドラムのパンチのあるリズムが効いたアップめの#1.Looks Aren't Everything がオープニング。コーラスにはおなじみのLisa Keithのクレジット。

#2.Pick Me Up も#1と同様にリズム感のあるアップめの曲。

#3.Discreetも同じような感じで流れていきます。曲中Hearsayからのサンプリングが入っています。

#4.Happy That You're Happy With Meもややアップめの曲でそのままの流れでアルバムタイトルの#5.Affairへ。

#6は前作のArtificial Heart にやや似た感じ。コーラスにRandy Ranのクレジットがあるがよくわからなかった。

#7.Foolin' Aroundは少しおちついてやっとミドルテンポに。Jellbeen Johnsonnのプロデュース。

がらっとシックに曲調がかわって#8.Everything I Miss at HomeAlexander O'Nealがゲストボーカルで控えめに絡んでます。こういう絡み方もカッコイイです。

.Keep It Inside はかっちりとAlexと組んだデュエットナンバー。ミドルテンポでいつもながら息の合った二人のかけ合いが楽しめる曲。

#10から#12はRandy Ranとの競作のスローナンバーが続く。 Cherrelleのパンチがあって透明感のある歌唱力が堪能できます。#11.の Crazyなんてしっとりしていい曲です。

#13.Homeのシックなインストでエンディング。

Cherrelle姉さんの力が入ったアルバムですが、前半に似たような曲入り長くなりすぎたため、全体のバランスが悪くなっている感じがします。

シングル的には、いい曲がいくつかありますがアルバム的には今ひとつ物足りない感じでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

High Priority

High Priority ~Cherrelle

469     ミネアポリスの歌姫 Cherrelleの2ndアルバム。

  1985年リリース レーベルはTabu Records

  2003年にリマスター版のCDが出ています。

1984年リリースのデビューアルバムが結構売れたせいか、その翌年にリリースされてます。

1. Opening
2. You Look Good to Me
3. Artificial Heart
4. New Love
5. Oh No It's You Again
6. Saturday Love
7. Will You Satisfy?
8. Where Do I Run To
9. High Priority
10. New Love (Reprise

#1~4、6、7、10がJam & Lewisのプロデュース。#5がMonte Moir。#8がCherrelle、H.Davis、D.Williams、#9がSpencer Bernardのプロデュース。

重厚感のあるオープニングからはじまり、そのままつながってアップめでファンク色の強い#2You Look Good to Meへ。このYou Look Good to Meのフレーズは次回作Affairのオープニング曲でも使われています。

Cherrelleの声のサンプリングや色々な効果音を使った#3Artificial Heart。音色も含め人工的な感じは確かによく出てます。この曲のPVは結構お金をかけて作られています。

ミディアム調ながらいいグルーブ感のある#4。そしてMonte Moirおじさんプロデュースの#5へ。これもシンセがいい感で入ってグルーブ感がある曲。THE TIMEぽいというより、殿下テイストがする感じ。

シーンチェンジのシックなピアノのイントロが流れ(LPではここからB面)、Alexander O'Neal と、ナイトクラブでの台詞のやり取りが入り、続いて80年代ブラコン界に燦然と輝くデュエット曲の金字塔(笑)、Saturday Loveのイントロが流れてきます。

以前どなたかのHPでこのSaturday Loveのイントロが流れると鳥肌が立つと書いてありましたが、ほんとにその通りでたまにラジオからこの曲のイントロが流れてくると、そのぐらいのインパクトがある曲です。

シックなベースラインとしっとりとしたコーラス。それにCherrelleの押さえ気味のボーカルとAlexのシルキーで伸びのある声が絶妙に絡み合い、情景が浮かび上がるような感じがします。

デュエットでもいい曲は数多ありますが、個人的にはこの曲がベストだと思ってます。ちなみに2番目はLuther Vandrosscheryl lynnIf This World Were Mineです。

#7はドラムの音が特徴的でムーディーな曲。

そしてまた間奏がはいってRandy Ranとのデュエット#8Where Do I Run To。これもめちゃくちゃいい曲です。 この曲もIf This World Were Mineと同率で好きな曲の第2位です。

CherrelleのダンナとなるこのRandy Ranですが、Johnny GillAfter 7などのアルバムにもプロデューサーとして参加してます。が、ボーカリストとしての力量もかなりのものでこのWhere Do I Runは短い曲ながら、シンプルなピアノに反比例して盛り上がっていくCherrelleRandy Ranの凝縮された歌唱力が堪能できる名曲です。

アルバムタイトルの#9. High Priority。アルバム全体の雰囲気を崩さないラスト曲。そして最後の最後に New Love のRepriseでエンディング。

このCherrelleの2ndアルバムはSaturday Loveに代表される様なアルバム全体に漂う雰囲気が好きですね~。雰囲気に浸りすぎてちょっと長くなりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月30日 (土)

Fragile

Fragile~Cherrelle

51pav6bjarl_ss500_  Alexander O'Nealに続いてはもちろんCherrelle です。

 Cherrelleの1stアルバム 1984年リリース レーベルはTabu Records

 2002年にリマスター版のCDが出ています

1. Fragile...Handle With Care
2. I Didn't Mean To Turn You On
3. Like I Will
4. I Will Wait For You
5. Who's It Gonna Be
6. Stay With Me
7. When You Look In My Eyes
8. I Need You Now

#1~3、5、7がJam & Lewisのプロデュース。#4、6がAnderson、SuthersDunlap。#8がSuthers、Dunlap、Champlinのプロデュース。

#1バリーーーンとガラスが割れる音から始まるオープニング。たしかビリージョエルのグラスハウスというアルバムも同じようなオープニングだったような気が。どっちが先だったか調べたらビリージョエルのほうが先でした。

キャッチーなメロディでサックスのソロから始まるアップテンポの若さあふれるナンバー。この頃はCherrelle姉さんは幾つだったんでしょうか。ジャケットを見てもまだ小娘らしさがうかがえます。

#2はRobert Palmerのカバーの方が有名なファンクナンバー。Jam & Lewisの初期の頃の特徴がよく出てる曲です。Robert Palmerのカバーももちろんカッコよかった。声質も含め独特の雰囲気があって好きだったんですけど、まだ若くしてなくなられて残念です。

#3はどことなくSOS Band っぽい音作りに感じる曲。Just The Way You Like Itは同じ年にリリースされてます。#5、7も同じ感じがしますが気にしません。

#4は落ち着いたスローなナンバー。いい感じです。

#5はまたJam & Lewisのプロデュースに戻り、スローだが音に深みと厚みのある感じ。

#6~8はいづれもスローの曲。Cherrelle姉さんがしっとりとしたボーカルを魅せてくれます。

このCherrelle姉さんの声質がとても好きで、ちょっとはすっぱだけど、透明感とツヤがありずっと上のほうまで伸びていく感じがあって、特にデュエットでのかけ合いは天下一品だと思います。

そういえば「TABU NIGHTS」で見たときはキレイだったな~。(もうオバサンだったけど。笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧