Daryl Simmons

2008年4月28日 (月)

Traces of My Lipstick

Traces of My Lipstick~Xscape

51cvztmhkvl__ss500_ Xscapeの3rdアルバム。

 1998年リリース。レーベルはSo So Def

 3枚目のアルバムにしてようやくガールズグループらしいアルバムジャケットになりました。いい感じです(笑)

1. All About Me (Intro)
2. My Little Secret
3. Softest Place on Earth
4. Do You Know
5. One of Those Love Songs
6. Arms of the One Who Loves You
7. I Will
8. Your Eyes
9. All I Need
10. Am I Dreamin'
11. Runaround
12. Hold On

13. All About Me (Reprise)

またしても出だしはJermaine Dupriのラップが入ったダウナーなHIPHOP調のナンバーから。1). All About Me (Intro)

メロディアスなスロー2). My Little Secret。バックボーカルにこのアルバムの前年1997年に同じくSo So Defからデビューした4人組ボーカルグループJagged Edgeのクレジットがあります。が、いまいちよくわかりません(笑)。Jagged Edgeが存在感をだして彼女達と絡みあった構成にしたほうが盛り上がりのある曲になった気がします。

メロー&エローの貴公子(笑)joeのプロデュースの3). Softest Place on Earth。抑え目なメロディーラインとコーラスが特徴的なjoeらしい曲。自分のために書いたのかと思えるほどで、joeのアルバムに入っていてもまったく違和感ありません。佳曲です。

リズミカルな感じのミドル4.) Do You Know

後半に向かって盛り上がっていくコーラスがいい感じの 5). One of Those Love Songs。この曲はWarryn Campbellのプロデュース。

これも彼女達の持ち前のコーラスワークの上手さを生かしたスローナンバー6). Arms of the One Who Loves YouGuy Rocheのプロデュース。これもスケール感のある佳曲。

全体的にメロディアスでキャッチーなサビが印象的なミドル7). I Will。 3作目にしてコーラスワークにますます磨きがかかってきたように思えます。

コーラスワークを生かしたスロー8). Your Eyes。 プロデュースは前作も参加しているDaryl Simmons名義になっています。がライターにK.Edmonds、ミージシャンとしてBabyfaceのクレジットがあります。そのせいかJermaine Dupriのプロデュース曲より泥臭さが抜けて洗練された感じがします(笑)

コーラスがJanetっぽいしっとりとしたスロー9). All I Need。メンバーのTamika Scottのプロデュース。

OL SKOOLの1stアルバムにも収録されているAtlantic Starrのカバー10). Am I Dreamin' 。スロー&メローの名曲です。プロデュ-スはKeith Sweat。自身もバックボーカルで参加しています。Keith Sweatの声を聴くとほっとする気がするのは何故なんでしょうか(笑)

抑え目のミドル11). Runaround。プロデュースはDaryl Simmons。

3)のjoeがプロデュースした曲に似た感じのアレンジ12). Hold On。プロデュースはSOZO!

13). All About Me (Reprise) でエンディング。

今回は外部からプロデューサーを招き、楽曲的には変化のある内容となっています。

joeBabyfaceそしてKeith Sweatなどのビッグネームが参加しているだけでもお得感十分なアルバムです(笑)

これだけのプロデューサー陣を起用しているにもかかわらず、Jermaine Dupriが統括することによってスローを主体とした雰囲気のあるいいアルバムに仕上がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

Off the Hook

Off the Hook~Xscape

518vadkt3ol__ss500_  Xscapeの2ndアルバム

 1995年リリース。レーベルはSo So Def 

 今度はグラサンかけて睨みをきかせているジャケット。怖い。。。もし出前に行った先がこんな客だったら訳もなく謝ってしまいそうになります(笑)裏面はグラサンを外した写真ですが、もっと怖い。「あり金全部置いてきな」とでも言われそうな感じ(笑)

1. Do Your Thang
2. Feels So Good
3. Hard to Say Goodbye
4. Can't Hang
5. Who Can I Run To?
6. Hip Hop Barber Shop Request Line
7. Do You Want To
8. What Can I Do?
9. Do Like Lovers Do
10. Work Me Slow
11. Love's a Funny Thing
12. Keep It on the Real

電話の呼び出し音から始まる#1). Do Your Thang。今回も出だしはダウナーなHIPHOP調

Jermaine Dupriのラップが入る#2). Feels So Good。ダウナーな曲調ながらメロディアスなナンバー。ダルーイ曲の感じとJDの声質がなんともマッチしています。

今度も抑さえ気味な曲調ながら切なげなメロディの#3). Hard to Say Goodbye。ミドルのベースラインにコーラスが重なりあって猥雑なグループ感を醸し出しています。名曲です

ややアッパーな#4). Can't Hang。ラップパートにMC Lyteをフィーチャー。

1979年にThe Jones Girlsがリリースした曲のカバー#5). Who Can I Run To? 。オリジナルの雰囲気を残しつつXscapeのコーラスワークによってより洗練された曲に。

このカバー曲はR&Bチャートで1位になっています。70年代ソウルの雰囲気が漂う名曲です。

6). Hip Hop Barber Shop Request Line

しっとりとしたスロー7). Do You Want To

ビートの効いたHIPHOP調のミドル#8). What Can I Do?  SLICK RICKROGER TROUTMANの曲がサンプリングされています。 

落ち着いた感じのスロー#9). Do Like Lovers Do

#10). Work Me Slow。ちょっと曲調が違うと思ったら Daryl Simmonsのプロデュース。メローな感じに仕上がっています。

またダウナーな曲調のミドル11). Love's a Funny Thing。

ラストはOrganized Noizeのプロデュース#12). Keep It on the Real。

今回もほとんどの曲をJermaine Dupriがプロデュース

全体的に曲調、雰囲気が統一されていて、ジャケット写真の感じと内容に違和感がないアルバムです(笑)

シックというか、暗めの感じの曲が多いので聴いていてもスカッとした気分にはなりませんが、夜のドライブなどには最適かも知れません。

#3)の Hard to Say Goodbyeや#5)の Who Can I Run To? など名曲もあり、いい雰囲気でまとまっていて女性グループの中では好きなアルバムの一枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)