keith washington

2008年6月 4日 (水)

kw

kw~keith washington

51ujxm7zhbl__ss500_ デトロイト出身の伊達男 keith washingtonの3rdアルバム

1998年リリース レーベルはMCA

QwestレーベルからMCAに移籍して心機一転といったところですが、ジャケットはイマイチぱっとしない感じです(笑)

1. I Warned You         

2. No Matter           

3. I Don't Mind             
4. Tell Me (Are You with It)
5. Bring It On          
6. I Love You           
7. You Sure Love to Ball  
8. Long Ago          
9. I Can't Put You Down
10. You Let Me Down
11. Smile
12. Only You
13. Bring It On [Remix]

いきなり出だしからディープなベースラインが効いたアーバンソウルといった趣きのミドル1). I Warned You。ミスターダイナマイトJames BrownDown and Out in New York Cityが引用されたクールでカッコイイ曲。プロデュースはFred Jenkins Ⅲ

今回もkeith washingtonの啼きのボーカルはすこぶる健在で、1曲目からうなるように啼きまくります。

続いてもディープでクールな曲調の2). No Matter。この曲にはBill WithersWho Is He (and What Is He To You)が引用されていますプロデュースはLouis Silas jr。エグゼティブプロデューサーとしてもクレジットされています。

抑さえ気味のメロディーラインとkeith washingtonのボーカルに絡むクールなコーラスが心地いい3). I Don't Mind。

この曲のプロデュースはBoyz II Menの当初メンバーでソロキャリアの後Az Yetに、そして現在は元SilkGary "Lil G" JenkinsらとBlayseというユニットで活動するR&B界の渡り鳥Marc Nelson。佳曲です。

いい感じのメロディーラインのイントロから始まる4. Tell Me (Are You with It) 。この曲もクールなコーラスに絡み啼きのボーカルが冴え渡ります。コーラスにKelly Priceのクレジットがありますが、よくわかりません。

ゆったりとしたリズムが心地いい上質なスローナンバー5). Bring It On 。PVでみると曲の雰囲気がより一層よくわかります(笑)

クールで怪しい感じのシンセのイントロからこの曲の世界に引き込まれる6). I Love You。R&B界のおしどり夫婦Chante Mooreをフィーチャーしたデュエットナンバー。

大人の色気をふんだんに発散するkeith washingtonが本領を発揮します。Chante Mooreもそれに十分に応えてお色気たっぷりの(笑)ボーカルを披露しています。二人のボーカルの掛け合いも最高で、大人のデュエットナンバーとしては最高の出来。プロデュースはMark J. Feist

1973年のMarvin Gayeの曲のカバー7). You Sure Love to Ball。ムーディーなサックスに呼応するようにmoaningが入っています(笑)。Marvin Gayeの原曲はこのように曲中にmoaningを使う曲のはしりみたいです。うーん。リアル。一緒に聴く相手を選ぶ必要があります(笑)

ドラムとベースの太めのビートが効いた8). Long Ago。後半に向かって啼きのボーカルが盛り上がっていきます。

どこか哀愁漂う切なげなメロディーの9). I Can't Put You Downkeith washingtonと多くのアーチストのアルバムにギタリストとして参加している Donnie Lyleのプロデュース。

ゆったりとした感じのスロー10). You Let Me Down。そして11). Smile。どちらにもまたKelly Priceのクレジット。 keith washingtonが切々と啼きのボーカルで歌い上げます。

前作に戻ったような曲調の12). Only You。プロデュースは前作にも参加のTerry Coffey。安心して聴けるスケール感のある上品な感じの曲。やはりこの路線の方がしっくりくる感じはします。

ラストは5). Bring It Onのリミックス。今回多くの曲のプロデュースを手がけるFred Jenkins Ⅲの弟のRodney "Darkchild" Jerkinsがラップパートで参加しています。

keith washingtonにラップ?。。。これも時代の流れでしょうか(笑)でも曲はカッコイイ感じに仕上がっています。

前作の傑作アルバムYou Make It Easyから7年ぶりにリリースされたこのアルバムですが、その空白期間があってこそ出せる深みのようなものが感じられます。

前作のようなスイート&メロー路線を期待しているとちょっと面食らうかも知れませんが、今回のアルバムで、より深化した大人の世界を展開しているようにみえます。

甘ったるい路線に見切りをつけ、一線で活躍するアーティストを手がけるプロデューサー達と組み、クールでアーバンな雰囲気をもったアルバムに仕上げています。

このアルバムでもプロデューサーは何組か入っていますが、全体に流れる雰囲気は統一されていて、落ち着いて聴くことの出来る名盤だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

You Make It Easy

You Make It Easy~keith washington

Keithw2 デトロイト出身の伊達男 keith washingtonの2ndアルバム

1991年リリース レーベルはQwest

 

1. Let Me Make Love to You

2. Stay in My Corner
3. Don't Leave Me in the Dark
4. You Always Gotta Go
5. What It Takes
6. We Need to Talk/Before I Let Go
7. Trippin'
8. Do What You Like
9. Believe That
10. No One
11. You Make It Easy

雨音に似た効果音に続いて、ゆったりとしたリズムを刻むパーカッションを使ったムーディーなイントロから始まる1). Let Me Make Love to You

Bodyという3人組のガールズグループのメンバーLetitia Bodyとのデュエット曲。このLetitia Bodyそしてそのグループもほとんど無名ですが、ややハスキーながら雰囲気のあるシンガーで、keith washingtonの声質ともよくなじんでいます。ムーディーな大人のバラードの佳曲です。

サックスの甘いメローな音色から始まるヒット曲2). Stay in My Corner。2曲目にしてさらにさらにムーディーさが増していきます。

この曲もゆったりとした上質なメロディーラインにkeith washington独特の伸びのある啼きのボーカルがスムースに絡みながら盛り上がっていく、スロー&メローの名曲です。

より落ち着いたしっとりとした感じのスロー3). Don't Leave Me in the Dark

keith washingtonの伸びのあるボーカルをメインに据えた感じの構成。啼きのボーカルで絶頂までとことん歌い上ます。(笑)これもスロー&メローの名曲。

曲調がライトな感じになってメローワールドから引き戻される気がする4). You Always Gotta Go。それでもkeith washingtonは歌い上げ続けます

1)~4)、そして6)のプロデュースは前作に続いて、ブラコンシンガー御用達のTerry Coffey & Jon Nettlesbey。ほんとにいい仕事してます。

落ち着いた感じのミドル5). What It Takes。軽快なベースラインにあわせ今度はシャウト気味に歌い上げます。

Frankie BeverlyのペンによるMazeの曲のカバー6). We Need to Talk/Before I Let Go。

なんとなくJoe Publicの曲っぽい出だしでビート感のあるミドル7). Trippin'。プロデュースはあちこちに顔を出すGerald LevertEdwin Nicholasのコンビ。

ライトな感じの8). Do What You Like

シックで落ち着いた感じのスロー9). Believe That。この曲も前半は抑え目ですが終盤にかけてシャウト気味に歌い上げます。Gerald LevertEdwin Nicholasのプロデュース

ゆったりとしたコーラスによってエンディングへと導かれるような10). No One。

5)、8)、10)はこちらも前作同様、ブラコンシンガー御用達のBarry Eastmondのプロデュース。

ラストはアルバムタイトル11). You Make It Easy。スムースジャズのテイストも感じられるスムース&メローな曲。George Dukeのプロデュース。

大人の色気が半端なく漂うこのアルバム(笑)。素晴しいの一言に尽きます。

得意の啼きのボーカルで時には甘く切なく、時には力強くそして伸びやかに絶頂まで歌い上げるkeith washingtonのボーカリストとしての力量に只々圧倒されるばかりです。

アルバム全体を通してゆったりとした上質なスローナンバーがちりばめられていて、本当の意味で安心して聴く事が出来る傑作アルバムだと思います。

keith washingtonより歌がうまいシンガーは何人もいるとは思いますが、大人の色気をふんだんに持ち合わせているという面ではkeith washingtonの右に出るものはないと思います(笑)。

やはり日頃の心がけなのでしょうか(笑)。大人の色気の研究家としては目標にしたい一人です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

Make Time for Love

Make Time for Love~keith washington

Keithw1  デトロイト出身の伊達男でブラコン四天王の一人 keith washingtonの1st アルバム

 1991年リリース レーベルはQwest

 ダブルのスーツが似合うダンディなオジサンという感じのジャケット(笑)です。

ブラコン四天王(笑)とは、Alexander O'Neal、Peabo Bryson、Freddie Jacksonkeith washingtonの4人です。(あくまでも私見です。笑)

80年代を中心に活躍した所謂ブラックコンテンポラリーといわれるカテゴリーのシンガーとしては、Gerald Alston、Glenn Joneskashif、Jeffrey Osbornehoward hewettなどなど数多くいますが、Luther Vandrossはちょっと別格として個人的好みで選ぶとすると前述の4人になります(笑)

なかでも、keith washingtonは活動時期も短かく知名度もいまいちな感じですが、個人的には大好きなシンガーです。

keith washingtonの特徴は大人の色気(笑)と啼きのボーカルにあります。シンガーだけでなく甘いマスクで俳優業もこなす一般男性からすると仇ような存在ですが(笑)、そんなこともどうでもよくなるぐらい、素晴しいシンガーだと思います。

1. All Night
2. Make Time for Love
3. Kissing You
4. Are You Still in Love With Me
5. When You Love Somebody
6. Ready, Willing and Able
7. I'll Be There
8. When It Comes to You
9. Lovers After All
10. Closer

ラテンフレーバーのギターソロのイントロから始まる1). All Night。

全てを優しく包み込むように甘く歌い上げるスローナンバー(笑)。2). Make Time for Love。後半にかけて、たたみかけるように啼きのボーカルが盛り上がっていく名曲です。

1)、2)はhoward hewettなどを手がけるTerry Coffey & Jon Nettlesbeyのプロデュース。

静かに始まるピアノのイントロから、高揚感のあるサビへとドラマティックに展開していく3). Kissing You。 愛を切々と歌いあげる啼きのボーカルに圧倒されます。keith washingtonの代表作のうちの一つ。名曲です。

これもkeith washingtonのボーカルの雰囲気を生かした落ち着いた感じのスロー4). Are You Still in Love With Me

プロデュースはFreddie JacksonGlenn Jonesなどを手がけるブラコンシンガー御用達プロデューサーBarry Eastmond

シンセファンクっぽい軽快な感じの5). When You Love Somebody。と6). Ready, Willing and Able

Chanté MooreKaryn Whiteを手がけるLaney Stewartのプロデュース。

乾いたドラムのビート感が効いた7). I'll Be There。これも啼きのボーカルが冴える佳曲。

日曜日の昼下がりにでも聴きたいような8). When It Comes to You。

7)、8)ともBarry Eastmondのプロデュース。

ムーディーな感じのスロー9). Lovers After AllFreddie Jacksonなどを手がけ、自らもアルバムをリリースしているPaul Laurenceのプロデュース。

サックスの音色がもっとムーディーな感じの10). Closer

keith washingtonのプロデュース。近づきたい。もっと近づきたい。。。気持ちはわかるけど(笑)

デビューまでの下積みが長かったといわれるkeith washingtonですが、その実力が認められ、これだけのプロデューサー陣のバックアップのもと製作されたアルバムなので悪い訳がありません。総指揮をQwestレーベルのRaoul Roach自らとっているところからも、このアルバムに対しての力の入れようがうかがえます。

リリース当時に聴いたときはスロー主体の構成であまりにオヤジくさく、退屈な印象しかかなったkeith washingtonのアルバムですが、自分も歳をとってあらためて聴きなおすと、そのオヤジくささが非常に心地よく感じます(笑)

年齢を重ねて初めてわかる世界があるという事を実感する今日この頃です。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)