LA&Babyface

2008年4月28日 (月)

Traces of My Lipstick

Traces of My Lipstick~Xscape

51cvztmhkvl__ss500_ Xscapeの3rdアルバム。

 1998年リリース。レーベルはSo So Def

 3枚目のアルバムにしてようやくガールズグループらしいアルバムジャケットになりました。いい感じです(笑)

1. All About Me (Intro)
2. My Little Secret
3. Softest Place on Earth
4. Do You Know
5. One of Those Love Songs
6. Arms of the One Who Loves You
7. I Will
8. Your Eyes
9. All I Need
10. Am I Dreamin'
11. Runaround
12. Hold On

13. All About Me (Reprise)

またしても出だしはJermaine Dupriのラップが入ったダウナーなHIPHOP調のナンバーから。1). All About Me (Intro)

メロディアスなスロー2). My Little Secret。バックボーカルにこのアルバムの前年1997年に同じくSo So Defからデビューした4人組ボーカルグループJagged Edgeのクレジットがあります。が、いまいちよくわかりません(笑)。Jagged Edgeが存在感をだして彼女達と絡みあった構成にしたほうが盛り上がりのある曲になった気がします。

メロー&エローの貴公子(笑)joeのプロデュースの3). Softest Place on Earth。抑え目なメロディーラインとコーラスが特徴的なjoeらしい曲。自分のために書いたのかと思えるほどで、joeのアルバムに入っていてもまったく違和感ありません。佳曲です。

リズミカルな感じのミドル4.) Do You Know

後半に向かって盛り上がっていくコーラスがいい感じの 5). One of Those Love Songs。この曲はWarryn Campbellのプロデュース。

これも彼女達の持ち前のコーラスワークの上手さを生かしたスローナンバー6). Arms of the One Who Loves YouGuy Rocheのプロデュース。これもスケール感のある佳曲。

全体的にメロディアスでキャッチーなサビが印象的なミドル7). I Will。 3作目にしてコーラスワークにますます磨きがかかってきたように思えます。

コーラスワークを生かしたスロー8). Your Eyes。 プロデュースは前作も参加しているDaryl Simmons名義になっています。がライターにK.Edmonds、ミージシャンとしてBabyfaceのクレジットがあります。そのせいかJermaine Dupriのプロデュース曲より泥臭さが抜けて洗練された感じがします(笑)

コーラスがJanetっぽいしっとりとしたスロー9). All I Need。メンバーのTamika Scottのプロデュース。

OL SKOOLの1stアルバムにも収録されているAtlantic Starrのカバー10). Am I Dreamin' 。スロー&メローの名曲です。プロデュ-スはKeith Sweat。自身もバックボーカルで参加しています。Keith Sweatの声を聴くとほっとする気がするのは何故なんでしょうか(笑)

抑え目のミドル11). Runaround。プロデュースはDaryl Simmons。

3)のjoeがプロデュースした曲に似た感じのアレンジ12). Hold On。プロデュースはSOZO!

13). All About Me (Reprise) でエンディング。

今回は外部からプロデューサーを招き、楽曲的には変化のある内容となっています。

joeBabyfaceそしてKeith Sweatなどのビッグネームが参加しているだけでもお得感十分なアルバムです(笑)

これだけのプロデューサー陣を起用しているにもかかわらず、Jermaine Dupriが統括することによってスローを主体とした雰囲気のあるいいアルバムに仕上がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

Separate Ways

Separate Ways~Mary Davis

C5e54310fca037162ed9a010_aa240_l  THE S.O.S BANDのメインボーカルだったMary Davis のソロアルバム

  1990年リリース。レーベルは Tabu Records

1.Don't Wear It Out

2.Baby, Baby (you Ain't Treatin' Me Right)

3.Separate Ways

4I'm Gonna Love You Better

5.I Get Nervous

6.I Wanna Be Sure

7.Some Kind Of Lover

8.Have You Been Loved?

9.Sweet Obsession

聴き覚えのあるサウンドのイントロから始まるオープニング1).Don't Wear It Out。ライナーを見るとLA& Babyfaceのクレジット。

う~ん。そうきたか(笑)といった感じがしますが、バッチリ当時のはやりの音になっています。他にLAface一派の曲がありますが、彼らの直接のプロデュースはこの曲のみです。

アップめの2).Baby, Baby (you Ain't Treatin' Me Right)これもはやりの音です。

アルバムタイトルのスローバラード3).Separate Ways。しっとりとした良い曲。でもこのタイトルってそのまんまやんけ。という感じもします(笑) やはりアップめの曲よりも、スローのほうが彼女の良い持ち味が出ます。

LAfaceっぽいが実は違う4).I'm Gonna Love You Better

こんどはいまいちLAfaceっぽくないが実はLAface5).I Get Nervous

スローナンバー6).I Wanna Be Sure

アップめの7.Some Kind Of Lover。これもLAfaceというか、Karyn Whiteっぽい感じですがLAfaceではありません。

こんどは典型的なLAfaceサウンド8).Have You Been Loved?

ポップ調のラストナンバー9).Sweet Obsession。

全体を通じてソツのない印象のアルバム。それぞれの楽曲は悪くないし、当時のはやりの音もしっかり押えて作られています。

が、なにか足りないという感じ。S.O.S BANDをバックに歌っていたときは、なんとなくバンドの織り成すサウンドの厚みや深みのようなものが感じられたが、このアルバムではそういったものがまったく感じられません。

残念ながら、売れ線をねらって作られたアルバムのような感じがしてMary Davis のキャリアと、ポテンシャルが、まったく生かされていない気がします。

ソロ転向は一つの決断だったと思いますが、プロデューサーの選択にもっと気を使ったほうがよかったかも知れません。

しかし、現在Mary Davisはまた古巣のS.O.S BANDのメンバーと一緒に活動しているようです。

めでたしめでたし(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)