OL SKOOL

2008年4月28日 (月)

Traces of My Lipstick

Traces of My Lipstick~Xscape

51cvztmhkvl__ss500_ Xscapeの3rdアルバム。

 1998年リリース。レーベルはSo So Def

 3枚目のアルバムにしてようやくガールズグループらしいアルバムジャケットになりました。いい感じです(笑)

1. All About Me (Intro)
2. My Little Secret
3. Softest Place on Earth
4. Do You Know
5. One of Those Love Songs
6. Arms of the One Who Loves You
7. I Will
8. Your Eyes
9. All I Need
10. Am I Dreamin'
11. Runaround
12. Hold On

13. All About Me (Reprise)

またしても出だしはJermaine Dupriのラップが入ったダウナーなHIPHOP調のナンバーから。1). All About Me (Intro)

メロディアスなスロー2). My Little Secret。バックボーカルにこのアルバムの前年1997年に同じくSo So Defからデビューした4人組ボーカルグループJagged Edgeのクレジットがあります。が、いまいちよくわかりません(笑)。Jagged Edgeが存在感をだして彼女達と絡みあった構成にしたほうが盛り上がりのある曲になった気がします。

メロー&エローの貴公子(笑)joeのプロデュースの3). Softest Place on Earth。抑え目なメロディーラインとコーラスが特徴的なjoeらしい曲。自分のために書いたのかと思えるほどで、joeのアルバムに入っていてもまったく違和感ありません。佳曲です。

リズミカルな感じのミドル4.) Do You Know

後半に向かって盛り上がっていくコーラスがいい感じの 5). One of Those Love Songs。この曲はWarryn Campbellのプロデュース。

これも彼女達の持ち前のコーラスワークの上手さを生かしたスローナンバー6). Arms of the One Who Loves YouGuy Rocheのプロデュース。これもスケール感のある佳曲。

全体的にメロディアスでキャッチーなサビが印象的なミドル7). I Will。 3作目にしてコーラスワークにますます磨きがかかってきたように思えます。

コーラスワークを生かしたスロー8). Your Eyes。 プロデュースは前作も参加しているDaryl Simmons名義になっています。がライターにK.Edmonds、ミージシャンとしてBabyfaceのクレジットがあります。そのせいかJermaine Dupriのプロデュース曲より泥臭さが抜けて洗練された感じがします(笑)

コーラスがJanetっぽいしっとりとしたスロー9). All I Need。メンバーのTamika Scottのプロデュース。

OL SKOOLの1stアルバムにも収録されているAtlantic Starrのカバー10). Am I Dreamin' 。スロー&メローの名曲です。プロデュ-スはKeith Sweat。自身もバックボーカルで参加しています。Keith Sweatの声を聴くとほっとする気がするのは何故なんでしょうか(笑)

抑え目のミドル11). Runaround。プロデュースはDaryl Simmons。

3)のjoeがプロデュースした曲に似た感じのアレンジ12). Hold On。プロデュースはSOZO!

13). All About Me (Reprise) でエンディング。

今回は外部からプロデューサーを招き、楽曲的には変化のある内容となっています。

joeBabyfaceそしてKeith Sweatなどのビッグネームが参加しているだけでもお得感十分なアルバムです(笑)

これだけのプロデューサー陣を起用しているにもかかわらず、Jermaine Dupriが統括することによってスローを主体とした雰囲気のあるいいアルバムに仕上がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

R.S.V.P.

R.S.V.P.~OL SKOOL

8a8e228348a0be9288a42110__aa200__l   OL SKOOLの2ndアルバム。

 1999年リリース。レーベルは Universal

 

1. Bedroom
2. I Never
3. Only One
4. All the Way
5. Guilty
6. I Never (Interlude)
7. Do Your Thang
8. Like a Fool
9. I Can't Sleep
10. Best in You
11. Another Level
12. Like a Fool (Outro)

このアルバムは何故かUSでは未発売になったようです。

未所有なので手に入ったらレビューしてみます。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

OL SKOOL

OL SKOOL~OL SKOOL

Olskool1  前回のKut Klose同様Keith Sweatに見出され、彼のアルバムにも

 参加しているOL SKOOLのデビューアルバム。

 1997年リリース。レーベルは Universal

          

1. Don't Be Afraid (Interlude)
2. Set You Free
3. Come With Me
4. Slip Away
5. I'm Still Here 4 U
6. Without You
7. Just Between You & Me
8. It Won't Let Go
9. Don't Be Afraid
10. Am I Dreamin'
11. Touch You
12. Set You Free (Outerlude)

OL SKOOLBobby Crawford、Curtis Jefferson、Pookie、Tony Loveの4人組

BobbyCurtisはライティングやプロデュ-スにもクレジットがあります。

後半のDon't Be Afraidのイントロでオープニング1). Don't Be Afraid (Interlude)

なんとなくさわやかな感じがする心地よいリズムの2). Set You Free。夏の昼下がりにプールで泳いだ後にコロナビールでも飲みながら聴きたい曲(笑)。

コーラスがいい感じの3). Come With Me 。彼らはこのアルバム全般にわたって深みがあって尚且つキレもある上質のコーラスを聴かせてくれます。サウンド的にもいい感じのスローナンバー。

どこかで聴いたことがあるようなキレイ系のスロー4). Slip Away 。でも音の感じは好きです。

今度はマッタリ系のスロー5). I'm Still Here 4 U

アコースティックギターの音色が懐かしさを感じさせるスロー6). Without You 。ドラムの音色とコーラスのバランスもパッチリのいい曲です。

同じような感じの7). Just Between You & Me

ラップパートが入った8). It Won't Let Go。シンセベースが効いたミネアポリスサウンドっぽい曲。ついついこのラインのシンセベースには反応してしまいます(笑)

オープニングにイントロがあったメロディアスな曲9). Don't Be Afraid

そしてKeith Sweatプロデュ-スの10). Am I Dreamin' 。この曲にはKeith Sweat自身とXscapeのお姉さん方をフィーチャーしています。 いい曲だと思ったらAtlantic Starrのカバーのようです。

この曲のPVにはKeith Sweat初め皆さん勢ぞろいで出演しています。色々な意味でナイスなPVです(笑)。

http://www.youtube.com/watch?v=RrKMQdHXsyA&feature=related

一転してやや軽めの曲調11). Touch You

Kut Klose同様このアルバムもKeith Sweatがエグゼグティブプロデュ-サーとなり製作をバックアップしています。

しかし、それぞれの曲自体は彼ら自身でプロデュ-スしているので、Keith Sweatテイストがそれほど濃厚には感じられません。彼らの声質のせいもあるのかも知れませんが、全体的にはライトな感じに仕上がっています。

Keith Sweat的な濃厚なネットリ感がないせいか、いまいち印象の薄い感じがします。

それぞれの曲は悪くなく、今回もKeith Sweatに駄作なしというセオリーは変わらないのですが、アルバム全体のインパクトとしては弱かったかな~という感じです。音的にはこのアルバムの感じは好きなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)