Rodney "Darkchild" Jerkins

2008年6月 4日 (水)

kw

kw~keith washington

51ujxm7zhbl__ss500_ デトロイト出身の伊達男 keith washingtonの3rdアルバム

1998年リリース レーベルはMCA

QwestレーベルからMCAに移籍して心機一転といったところですが、ジャケットはイマイチぱっとしない感じです(笑)

1. I Warned You         

2. No Matter           

3. I Don't Mind             
4. Tell Me (Are You with It)
5. Bring It On          
6. I Love You           
7. You Sure Love to Ball  
8. Long Ago          
9. I Can't Put You Down
10. You Let Me Down
11. Smile
12. Only You
13. Bring It On [Remix]

いきなり出だしからディープなベースラインが効いたアーバンソウルといった趣きのミドル1). I Warned You。ミスターダイナマイトJames BrownDown and Out in New York Cityが引用されたクールでカッコイイ曲。プロデュースはFred Jenkins Ⅲ

今回もkeith washingtonの啼きのボーカルはすこぶる健在で、1曲目からうなるように啼きまくります。

続いてもディープでクールな曲調の2). No Matter。この曲にはBill WithersWho Is He (and What Is He To You)が引用されていますプロデュースはLouis Silas jr。エグゼティブプロデューサーとしてもクレジットされています。

抑さえ気味のメロディーラインとkeith washingtonのボーカルに絡むクールなコーラスが心地いい3). I Don't Mind。

この曲のプロデュースはBoyz II Menの当初メンバーでソロキャリアの後Az Yetに、そして現在は元SilkGary "Lil G" JenkinsらとBlayseというユニットで活動するR&B界の渡り鳥Marc Nelson。佳曲です。

いい感じのメロディーラインのイントロから始まる4. Tell Me (Are You with It) 。この曲もクールなコーラスに絡み啼きのボーカルが冴え渡ります。コーラスにKelly Priceのクレジットがありますが、よくわかりません。

ゆったりとしたリズムが心地いい上質なスローナンバー5). Bring It On 。PVでみると曲の雰囲気がより一層よくわかります(笑)

クールで怪しい感じのシンセのイントロからこの曲の世界に引き込まれる6). I Love You。R&B界のおしどり夫婦Chante Mooreをフィーチャーしたデュエットナンバー。

大人の色気をふんだんに発散するkeith washingtonが本領を発揮します。Chante Mooreもそれに十分に応えてお色気たっぷりの(笑)ボーカルを披露しています。二人のボーカルの掛け合いも最高で、大人のデュエットナンバーとしては最高の出来。プロデュースはMark J. Feist

1973年のMarvin Gayeの曲のカバー7). You Sure Love to Ball。ムーディーなサックスに呼応するようにmoaningが入っています(笑)。Marvin Gayeの原曲はこのように曲中にmoaningを使う曲のはしりみたいです。うーん。リアル。一緒に聴く相手を選ぶ必要があります(笑)

ドラムとベースの太めのビートが効いた8). Long Ago。後半に向かって啼きのボーカルが盛り上がっていきます。

どこか哀愁漂う切なげなメロディーの9). I Can't Put You Downkeith washingtonと多くのアーチストのアルバムにギタリストとして参加している Donnie Lyleのプロデュース。

ゆったりとした感じのスロー10). You Let Me Down。そして11). Smile。どちらにもまたKelly Priceのクレジット。 keith washingtonが切々と啼きのボーカルで歌い上げます。

前作に戻ったような曲調の12). Only You。プロデュースは前作にも参加のTerry Coffey。安心して聴けるスケール感のある上品な感じの曲。やはりこの路線の方がしっくりくる感じはします。

ラストは5). Bring It Onのリミックス。今回多くの曲のプロデュースを手がけるFred Jenkins Ⅲの弟のRodney "Darkchild" Jerkinsがラップパートで参加しています。

keith washingtonにラップ?。。。これも時代の流れでしょうか(笑)でも曲はカッコイイ感じに仕上がっています。

前作の傑作アルバムYou Make It Easyから7年ぶりにリリースされたこのアルバムですが、その空白期間があってこそ出せる深みのようなものが感じられます。

前作のようなスイート&メロー路線を期待しているとちょっと面食らうかも知れませんが、今回のアルバムで、より深化した大人の世界を展開しているようにみえます。

甘ったるい路線に見切りをつけ、一線で活躍するアーティストを手がけるプロデューサー達と組み、クールでアーバンな雰囲気をもったアルバムに仕上げています。

このアルバムでもプロデューサーは何組か入っていますが、全体に流れる雰囲気は統一されていて、落ち着いて聴くことの出来る名盤だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月31日 (木)

LSG

LSG~Levert Sweat Gill

51zwu5hxf8l_ss500_  R&B界のスーパーユニットLSGの1stアルバム

  1997年リリース。レーベルはEast West

 引き続きKeith Sweatつながりのアルバム。

1. Door #1

2. Round & Round
3. You Got Me
4. Where Did I Go Wrong
5. My Body
6. All the Times
7. My Side of the Bed
8. Curious
9. Let a Playa Get His Freak On
10. Love Hurts
11. Drove Me to Tears
12. Where Would We Go

以前からKeith Sweatのアルバムに度々参加していたGerald Levertに今や正統派ソウルシンガーの道を突き進むJohnny Gillが加わって結成されたグループ。

イントロなしでいきなり3人の濃いコーラスから始まる1). Door #1。アルバムのオープニングとしては唐突な感じがする珍しい入り方です。プロデュースはGerald LevertとEdwin "Tony" Nocholas。一曲めからネットリとしたスローで濃い男汁全開(笑)のナンバー。

リードがGerald Levert、Johnny Gill、そしてKeith Sweatと入れ替わり曲中それぞれの持つヒットナンバーのタイトルが入れられていたりするマニアックな構成となっています。

Keith Sweatのヒット曲Merry Go Roundを連想させる2). Round & Round。ゆったりとした上質のスローナンバー。3人それぞれの持ち味を生かしたコーラスが絶妙。プロデュースはKeith Sweat。

ややがビートが効いたディープな感じのミドル3). You Got Me。なんとこの曲はSean Puffy Combsのプロデュース。頻繁にハンドル、じゃなかった芸名を変えプロデューサーとしてよりも企画屋としての側面が強い彼ですが、この曲はいい感じです。 

Johnny Gillが在籍するNew EditionはのちにこのSean Puffy CombsのレーベルBad Boyからいまいちなアルバムをリリースすることになります。

続いてはSo So DefレーベルのJermaine Dupriプロデュース。ラップパートにJDらしさがでています。

イントロからエロー&メローな感じ全開の5). My Body。プロデュースはSILKなども手がけているDarrell "Delite" Allamby。ネットリとしたグルーブ感たっぷりの名曲です。

これもスロー&エローな感じの名曲6). All the Times。メインが豪華ならゲストも豪華版でなんとFaith EvansCoko、Missy Elliottがフィーチャーされています。プロデュースはGerald LevertEdwin "Tony" NocholasFaith Evansはコ・プロデューサーとしてもクレジットがあります。

女性陣もネットリとすごくいい感じだしてますね。まさに贅沢三昧といった感じです。(笑)

今度は正統派スロー7). My Side of the Bed。 プロデュースはGerald LevertEdwin "Tony" Nocholas。メロディアスなベースラインに厚みのあるコーラス、そしてリードとコーラスが3人の中で入れ替わり、ラストに向かって盛り上がっていく名曲です。

Midnight Starの曲をHIPHOPテイストにアレンジしたカバー8). Curious 。ラップパートにはLL Cool JBusta RhymesMC Lyteをフィーチャー。これまた贅沢三昧です。

ダウナーな感じの9). Let a Playa Get His Freak On。 プロデュースはJazze Pha。ラップパートにも参加しています。

Keith Sweatプロデュースの10). Love HurtsSweatワールド全開のメロー&スロー。今までのKeith Sweatの何かの曲に似てるような気がしますが、これもまた安心して聴ける名曲です。

落ち着いた感じのスロー 11). Drove Me to Tears 。プロデュースはGerald LevertとEdwin "Tony" Nocholas。シンプルな感じのアレンジで三者三様に歌い上げます。しかし他の曲もそうですがJohnny Gillの伸びのある声は際立っています。New Editionの中でもJohnny Gilだけは突出して別格のように感じます。(笑)

ラストはKeith Sweatのプロデュース。12). Where Would We Go 。なんとなく懐かしさが漂う温かみのあるナンバー。

アーチストのみならずプロデューサー陣まであまりにも豪華な面々がそろったこのアルバム。これだけ個性的な面子が入り混じるとまとまりがつかなくなりそうですが、しっかりと一体感をもった独特の雰囲気のある上質なアルバムに仕上がっています。

このあたりはさすがプロデューサーとしての実績も多いKeith SweatGerald Levertならではという感じです。もう10年前のアルバムなのに今でもよく聴いている名盤です。

今月はずいぶんと更新の間が空いてしまいました。もう少しマメに更新したいと思ってはいるのですが。。。

光陰矢のごとしという言葉を実感する今日この頃です。。。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

Didn't See Me Coming

Didn't See Me Coming~Keith Sweat

Didnt_see_me_coming_album_cover

Keith Sweatの7thアルバム

  2000年リリース。レーベルはElektra

Mr.Keith Sweat なんか最近疲れ気味?と聞きたくなるような、なんとも言いがたいジャ写です(笑)

1. Intro
2. Things
3. Whatcha Like
4. Satisfy You
5. I Put U On
6. He Say She Say
7. Real Man
8. Kiss You
9. I'll Trade (A Million Bucks) (Interlude)
10. Don't Have Me
11. Tonite
12. Caught Up
13. Games
14. I'll Trade (A Million Bucks)
15. Only Wanna Please You
16. Why U Treat Me So Cold
17. I'll Trade (A Million Bucks) [Remix]

この前にベストアルバムが出たからなのか、このアルバムは今までのヒット曲がラジオのチューニングを回すたびに少しづつ流れる感じを出した1). Intro から始まります。

HIPHOP調の2). Thingsなんか今までと感じが違うと思ったらAVANTなどのプロデュースでおなじみのSteve Huffのクレジットがあります。ラップパートにはBusta RhymesとRah Diggaをフィーチャー。

一転いつものKeith Sweatワールド的な粘性の高い曲調の3). Whatcha LikeOl Skoolがコーラスで参加。

4.) Satisfy You。 これもSteve Huffとの共同プロデュース。

多くのアーチィストに数々のヒット曲を提供しているRodney "Darkchild" Jerkinsを共同プロデューサーに迎えた5). I Put U On 。曲自体は普通な印象。

こんどはTLCからT-Bozをフィーチャーした6). He Say She Say。このあたりのフィーチャーの仕方もKeithのセンスを感じます。

そして、これも隠れた名曲7). Real Man。メロディアスな曲調でKeithの定番の要素が詰まったスローナンバー。

同じくスローの8). Kiss You

9). I'll Trade (A Million Bucks) (Interlude) ちょろっとサビが入ります。

TEDDY RILEYつながりかBLACKSTREETにいたDave Hollisterをフィーチャーした10). Don't Have Me 。彼もいい声してます。Keithとの声の相性もいい感じ。深みがあってナイスな曲です。

Interludeみたいな11). Tonite

コーラスがいい感じのスロー12). Caught Up。

これもSteve Huffとの共同プロデュース13). Games なんかコーラスがjoeっぽい感じ(笑)

Lil' Moをフィーチャーした14.) I'll Trade (A Million Bucks)。ライティングも Lil' Moがやっています。Lil' Moも伸びのあるいい声をしてますが、声質はなんとなくKut KloseAthena Cageに似ているような感じも。これもメロディアスでいい曲です。

ピアノの音色を使ったシックな感じの15). Only Wanna Please You 。これもKeithの定番サウンドです。

ラップにLil' Wayneをフィーチャーした16). Why U Treat Me So Cold 。Steve Huffとの共同プロデュース曲。曲を聴くとなんとなくKeithSteve Huffはあんまり相性がよくない気がします。

こちらはKeithがプロデュースに入りリミックスした17). I'll Trade (A Million Bucks) [Remix]。リミックスバージョンの方がいい感じになってます。

今回はなんと全17曲の盛りだくさんのアルバムです。プロデューサー陣、フィーチャーしたアーティストも盛りだくさんの豪華版みたいな感じになってます。

Keith Sweatのやる気マンマンさが伝わってきますが、今回はちょっとやりすぎたかな~という気がします。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)