SILK

2008年4月12日 (土)

Always and Forever

Always and Forever~silk

51sk8x6mpbl__ss500_  silkの通算7thアルバムはカバー集

 2006年リリース。レーベルはShanachie

 Lil Gが脱退し4人組になってからは2枚目のアルバム。

1. There Will Never Be
2. Adore
3. Always and Forever
4. Don't Disturb This Groove
5. Nite and Day
6. Sideshow
7. Lady in My Life
8. Night to Remember
9. Secret Garden (Sweet Seduction Suite)
10. Two Occasions

Shanachieレーベルは他のアーチストでもカバーアルバムを企画しリリースしています。

彼らの優しい感じのコーラスになじむのは声質も似ているAl B. SureNite and DayThe DeeleTwo Occasionsあたりでしょうか。

どの曲も名曲ばかりですが、どれもオリジナルの印象が強烈なので(笑)どうしてもオリジナルのイメージが払拭できませんでした。

しかし選曲的には意外性もあり、かなりいいところをついている感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

The Best of Silk

The Best of Silk~silk

61hj2873gyl__ss500_ silkのベストアルバム。

 2004年リリース。レーベルは Elektra

 からリリースされたアルバムからのセレクト

1. Interlude
2. Happy Days
3. Freak Me
4. I Can Go Deep
5. Hooked on You
6. Lose Control
7. Meeting in My Bedroom
8. If You (Lovin' Me)
9. Don't Rush
10. Girl U for Me
11. We're Callin' You
12. It Had to Be You
13. Let's Make Love
14. Return
15. Freak Me [12" Remix]
16. Happy Days [12" Remix]

ベスト盤とはいえ、結構盛りだくさんなアルバムです。

ただ傑作アルバムTonightからの曲がもっと多くあったほうがいい感じがしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

Silktime

Silktime~silk

G06156e607k  silkの5thアルバム。

 2003年リリース。レーベルはLiquid 8

 メインボーカルのLil Gが脱退し、マイナーレーベルからリリースされたアルバム。

1. Interlude/Silk Love
2. Take Control
3. Silktime
4. My Girl
5. Alibi
6. More
7. You (The Baby Song)
8. Check My Story
9. Incredible
10. Violin
11. Side Show
12. End
13. Band Skit

このアルバムもどこかへいってしまったようで見当たりません。捜索中です。

silkを脱退したLil Gは2005年にOther Sideというソロアルバムをリリースしています。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

Love Session

Love Session~silk

022  silkの4thアルバム。

 2001年リリース。レーベルはElektra

 傑作tonightから2年後のアルバム

1. Welcome 2 the Love Session (Interlude)
2. We're Callin' You
3. Love Session
4. Nursery Rhymes (Intro)
5. Nursery Rhymes
6. Ebony Eyes
7. Treated Like a Lady
8. Ahh
9. I Didn't Mean To
10. Don't Go
11. I'm Sorry
12. Return, Pt. 2 (Interlude)
13. Afterplay

ようこそ、silkLove Sessionへ。コーラスで迎える 1). Welcome 2 the Love Session (Interlude)                 

リズムに乗ったコーラスと抑え気味のリードのかけ合いでマッタリと進行していく 2). We're Callin' You

アルバムタイトル 3). Love Session。曲調は比較的さわやかな感じがしますが、歌詞は意外とハードです(笑)

子供の声が入ったイントロ4). Nursery Rhymes (Intro)に続いてコーラスがいつもに増して冴えた感じがする5). Nursery Rhymes 。バックボーカルにはToni Braxtonの妹Tamar Braxtonが参加。

ボコーダーを使ったコーラスが特徴的なスロー 6). Ebony Eyes。  これはRick JamesSmokey Robinsonのカバー曲。

ビートが効いたアッパーな感じの7). Treated Like a Lady

スロー&エローの8). Ahh。曲はシックでいい感じですが、タイトル自体これにしなくても。。。(笑)

ゆったりとしたメロディアスなナンバー9). I Didn't Mean To。この曲に限りませんがコーラスワークが絶品です。

Tamar Braxtonをフィーチャーしたしっとりとしたスローナンバー10.) Don't Go。七色の声を持ったこの素敵なオジサン達と渡り合うには、ちょっとボーカルの存在感が足りない感じがします。やはりもっと人生経験が必要なのでしょうか(笑)

珍しくさわやかさと透明感がある(笑) 11). I'm Sorry。ピアノをベースとしたシンプルなアレンジにリードボーカルの伸びが冴えわたっています。しかし、よほど悪い事をしたのか7分以上にわたって謝り続けます(笑)

前作tonightの導入部のThe Returnその2 12). Return, Pt. 2 (Interlude)

ラストは優しく語り掛けるような 13). Afterplay。確かにAfterplayも大事ですね。勉強になります。(笑)

3rdアルバムtonightに続き、今回のアルバムもプロデューサーにDarell "Delite" Allambyを迎え前作のテイストを継承しています。

そして今回はLil Gを初めとしてsilkのメンバーがプロデュース及びライティングに係わり、よりグループとしてのセルフプロデュース色が強くなっています。

今回のアルバムではLil Gの爆発的なリードを抑え、ボーカルグループとしての一体感を出している印象を受けます。

楽曲的にも前作のようなツヤのあるギラギラ感を押さえ、正統派ボーカルグループらしいテイストのアルバムになっています。

このアルバムももちろん質が高いのですが、前作のパンチが強烈だっただけに、いまいち物足りなさが残る印象です。前作を超えるのは至難の業かも知れませんが、是非期待したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

Tonight

Tonight~silk

D68017i546a_4   silkの3ndアルバム。

 1999年リリース。レーベルはElektra

 地味な印象だった前作から一転してジャケットからもイケイケな感じがする(笑)アルバム。

1. Return

2. Tonight
3. Let's Make Love
4. If You
5. Meeting in My Bedroom
6. Satisfied
7. Baby Check Your Friend
8. I Wonder
9. Sexcellent
10. Love You Down
11. Superstar
12. Playa Road
13. Please Don't Go
14. Back in My Arms
15. Turn-U-Out
16. If You [2000 Watts Remix]
17. Vaughn Harper Interview

ピアノのイントロからシックに始まる1). Return。アルバム冒頭から彼らのやる気が伝わってくるような気合の入った導入部 。

力強いミドルのアルバムタイトル2). Tonight。リードのGary "Lil G" Jenkinsの厚みのあるハイトーンがリズミカルでダンサブルなコーラスとベースラインとあいまって盛り上がっていくナイスな曲。

彼らの得意とするスロー&メローナンバー 3). Let's Make Love。 タイトル通りしっとりそしてネットリ歌い上げるこれもいい曲。特に後半の Say yeah ~yeah ~のあたりは、かなり絶頂感があります(笑)

スローが続いて4). If You。 彼らの厚みのあるコーラスとサウンドがあいまって、深みのある曲に仕上がってます。

ハイトーンのコーラスから曲に入っていく5). Meeting in My Bedroom。これもスロー&メロー の名曲。彼らの持ち味が十分に生かされたこれも絶頂感のある曲。

ピアノのイントロにかぶせてかなりあやしい男女の会話が続く6). Satisfied。意味深です(笑) Lil GことGary Jenkinsのプロデュース。

これも厚みのあるミドル7). Baby Check Your Friend

アコースティクなアレンジの感じの 8). I Wonder。この曲はsilkのプロデュース。

コーラスが後半に向かって盛り上がっていく、いい感じのミドル9). Sexcellent。しかしSexcellentってどういう意味や(笑)

ボコーダーを使った10). Love You Down。これもいコーラスがいい感じのミドル。

イントロのギターの音色がThe Isley Brothersライクな11). Superstar。ドラムンベースっぽいアレンジ。

ネットリとしたスロー12). Playa Road。11)とこの曲もGary Jenkinsのプロデュース。

メロディアスだけどダウナーな曲調の13). Please Don't Go。枯れ葉が舞い落ちる秋の並木道を連想しそうな曲です(笑) どんな感じの曲でも後半にコーラスは盛り上がっていきます(笑)

歌い上げ系のスロー14). Back in My Arms

イントロにVaughn Harperの声が入るスロー15). Turn-U-Out。このドラムの音いい感じです。ゆったりと流れるリズムが心地いい曲。

終盤にこのような曲を持ってこれるところに、このアルバムの質の高さが感じられます。

16). If You [2000 Watts Remix] 4). のスロー If Youのリミックスですが同じ曲とは思えないくらい変わるもんです。

そして最後に 17). Vaughn Harper Interview。もう盛りだくさん、大サービスです(笑)

地味目に製作されたセルフタイトルの前作がセールス的にあまり奮わなかったことで、危機感を持ったのか、今回はプロデューサーに勢いのあるDarell "Delite" Allambyを迎え曲数からもわかるようにかなり気合の入ったアルバムとなっています。

しかし、ただ単に曲数だけでなく、内容的にも質が高くコーラスワークを初めとしてサウンド的にも彼らしか出せない独特の雰囲気が感じられます。

普通、アルバムにこれだけの曲数を入れると、途中でダレたり内容が散漫になったりするのですが、このアルバムはそうではなく最初から最後までどの曲からも上質のいい雰囲気が漂っています。

この作品は何回、何十回と聴いても飽きることのない傑作アルバムだと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

silk

silk~silk

358_2   silkの2ndアルバム。

 1995年リリース。レーベルはElektra

 

   

1. Hooked On You
2. Because of Your Love
3. It's So Good
4. Don't Rush
5. I Can Go Deep
6. What Kind of Love Is This
7. Don't Go to Bed Mad
8. Don't Cry for Me
9. Now That I've Lost You
10. How Could You Say You Love Me
11. Remember Me

1stアルバムはKeith Sweatの全面プロデュースでしたが、今回のアルバムはKeith Sweatとの関係はほとんどなく、いくつかのプロデューサーを迎え製作されています。

ワーニング音に似たシンセが特徴的なオープニング1). Hooked On You。

他の多くのアーチストのプロデュースも手がけるSoulshock & Karlinのプロデュース。ライティングにはkipper jonesのクレジットがあります。kipper jonesOrdinary Storyもいいアルバムでした。

メロディアスで哀愁が漂う 2). Because of Your Love

これもメロディアスなスロー3). It's So Good 。 2)、3)ともSoulshock & Karlinのプロデュース。幅広く多くのアーチストのプロデュースを手がけているだけあって、ボリュームゾーンから外さない曲づくりをしています。

キャッチーなコーラスが印象的な4). Don't Rush。前作でも参加している Wokie Stewartのプロデュース。メインボーカルのLil GことGary Jenkinsもプロデュースにクレジットがあります。

重厚感のあるミドル5). I Can Go DeepMike "Nice" ChapmanTrent Tomasのプロデュース。この曲は映画A Low Down Dirty Shameのサントラにも収録されています。

やや牧歌的雰囲気の6). What Kind of Love Is This 。プロデュースはKeith SweatのアルバムでもおなじみのH.O.P  Productions

7). Don't Go to Bed Mad。  Gerald LeVertTony Nicholasのプロデュース。ボーカルの節回しがなんとなくGerald LeVertっぽい感じですが、これもいい曲です。

コーラスが特徴的な8). Don't Cry for MeDarin Whittingtonのプロデュース。

何かの曲に似てる感じのミドル9). Now That I've Lost You

アコースティックでボーカルをメインにしたアレンジのスロー。10). How Could You Say You Love Me

take6ライクなさわやかな感じのエンディング11). Remember Me

Keith SweatのヌメヌメSweatワールドから離れたせいか、1stアルバムLose Controlのようなクセのある濃厚さは感じられません。

しかし、クセがない分印象が薄くなり、セールス的には大ヒットした前作に比べ、奮わない結果となりました。

このアルバムは地味ながら佳曲が多く、アルバム的には1stよりも質が高いように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

Lose Control

Lose Control~silk

51ex9b2amtl_aa240_  Keith Sweatの設立したレーベルKeiaの第一弾アーチストsilkデビューアルバム。

 1992年リリース。レーベルはKeia Elektra

 Keith Sweatがプロデュース業にも進出した最初の作品

1. Interlude
2. Happy Days
3. Don't Keep Me Waiting
4. Girl U for Me
5. Freak Me
6. When I Think About You
7. Baby It's You
8. Lose Control
9. It Had to Be You
10. I Gave to You

silkは、Timothy Cameron、Jimmy Gates Jr、Jonathen "John-John" Rasboro、  Gary "Lil G" JenkinsGary "Big G" Glenn の5人組のグループ。

インパクトのあるFreak Meのサビのフレーズから始まる1). Interlude

Keith Sweat自身もボーカルで参加している2). Happy Days

New Jack Swingテイスト溢れるナンバー。Keith Sweatの粘着系ボーカル&コーラスが入ると何故か安心感があります(笑)。プロデュースはKeith SweatAlton Wookie

ネットリ感のあるミディアム3). Don't Keep Me Waiting。プロデュースは前曲と同じですが、ライティングにGerald LeVert、そしてバックボーカルにもGeraldSeanが参加してより濃厚な感じをだしています。

ややライトメローな感じの4). Girl U for Me。この曲もKeith Sweatテイスト全開です。プロデュースはKeith SweatT.H.。後半になるにしたがってボーカルが盛り上がっていきます。

そして彼らの名前を一躍有名にした5). Freak Me。コーラスとハリのあるリードがゆったりとしたわかりやすいメロディラインに絡みあって進行していくスローの名曲。

ラップが入ったアップめの6). When I Think About You 。アレンジもNew Jack Swingテイストです。

続いてもNew Jack Swingテイストのアップナンバー7). Baby It's You。キャッチーでいい感じの曲。

アルバムタイトル8). Lose Control 。楽器パートを抑え、コーラスワークを前面に出したスローナンバー。ボーカルグループとして彼らの高いポテンシャルがうかがえます。

9). It Had to Be You。質の高いコーラスが気持ちよく流れるメロディーラインとよく合っているこれもいい曲。

10). I Gave to You。ボーカルを生かした優しい感じのスローナンバーでエンディング。

New Jack Swing全盛の時期にリリースされただけに当時の雰囲気が溢れるアルバムです。

Keith Sweat全面プロデュースだけに良くまとまっていて、評価も高いアルバムですが、何故かKeith Sweatのアルバムほど聴きこむことはありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

Sweat Hotel Live

Sweat Hotel Live~Keith Sweat

51kb2befu6el_ss500_ Keith Sweatの通算2枚目のライブアルバム

  2007年リリース。レーベルはSony Wonder

 DVD版とCD版の2種類のリリース。

1. Intro
2. Something Just Ain't Right
3. Don't Stop the Love
4. I'll Give All My Love to You
5. Lose Control
6. Freak Me
7. There You Go
8. Right & Wrong Way
9. How Deep Is Your Love
10. My Body
11. Get Up on It
12. Twisted
13. I Want Her
14. Make It Last Forever
15. Let's Chill
16. There You Go
17. Nobody
18. Just Got Paid All-Star Finale
19. Bonus Materials

今回も2). Something Just Ain't Rightからライブが始まります。Keith Sweatより前にTeddy Rileyがステージに登場します。

そのままの流れで3). Don't Stop the Love 、4). I'll Give All My Love to You

続いてSILKが彼らのナンバー5). Lose Control 6). Freak Me

NEW JACK CITYのサントラからの7). There You Goこの曲も結構ライブでやりますね。

8). Right & Wrong Way、9). How Deep Is Your Love。ねっとりとしたグルービーな曲が続きます。

LSGのナンバー10). My Body 。若くしてなくなってしまったGerald Levertを回想して曲に入っていきます。

アトランタの3人娘Kute Kloseが登場して11). Get Up on It12). Twisted

ダンサーも登場してノリノリの13). I Want HerTeddy Rileyのキーボードソロも。

デュエットの名曲14). Make It Last Forever 本物のJackie McGheeが登場してます。

続いてCharlie WilsonGUYのナンバー15). Let's Chill

Kute KloseAthena Cage17). Nobody

ラストはオールスター勢ぞろいのJohnny Kempのナンバー18). Just Got Paid

いくつかのラジオ局と連携して展開されているショープログラムKeith Sweat Hotelの一環として行なわれたライブ。

こんなゲストを迎えたライブはもう二度とないんじゃないかと思えるくらいの豪華メンバーが勢ぞろいして出演しています。

KeithがとれてSweat Hotelだけだと微妙な意味になる気もしますが。。。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)