Teddy Riley

2008年9月23日 (火)

Just Me

Just Me~Keith Sweat

Tyzn1_646747_m 久々のオリジナルアルバム。これで通算10枚目に。

2008年リリース。レーベルはRhino

2002年にリリースされたRebirth以降、ライブアルバムや、ベストアルバム、クリスマスアルバム、そしてSweat Hotel のライブDVDなど企画ものはあったものの、オリジナルアルバムのリリースはなかったので、本当に久々のという感じがします。

製作自体はもっと早い時期に終わっていたようですがいろんな事情があって発売が延期になってしまったようです。

1. Somebody
2. Floor
3. Girl of My Dreams
4. Sexiest Girl
5. Butterscotch
6. Me and My Girl
7. Suga Suga Suga
8. Never Had a Lover
9. Love You Better
10. Just Wanna Sex You
11. What's a Man to Do
12. Teach Me

Blue MagicWhat's Come Over Meのイントロをサンプリングというよりそのまま使った1). Somebody。ボコーダーを使ったコーラスがメロディーラインにマッチして心地いいグルーブを感じさせるメローなミディアムナンバー。

Keith Sweatは以前にもsilkの2003年リリースのアルバムsilktimeでこのBlue Magicによるフィリーソウルの名曲Side Showのカバーをプロデュースしていますが、彼の70年代ソウルへの深い思い入れが感じられます。

プロデューサーは前作Rebirthでも何曲か参加しているRoy "Royalty" Hamilton。そしてラップパートにはクリスマスアルバムにも参加しているChris "F.L.O" Connerが入っています。

続いてもグルーブ感たっぷりの2). Floor。プロデューサーはこれもKeith Sweatのアルバムに参加するのは超久々のTeddy Riley。ゆったりとしたベースラインにねっとりとしたコーラスとボーカルが絡みつくように進行していくこれぞKeith Sweatワールドの本領発揮という感じの曲。

そしてまたボコーダを使ったコーラスの入り方あたりはTeddy’s jamを遠い記憶の底から思い出させてくれます。ライティングとバックコーラスにはNextRLことR.L. Huggarも参加しています。

the amabassadorzというプロデューサーが入った3). Girl of My Dreams。これも流れるような軽快なコーラスとボーカルが上手く調和していい感じの曲。

ちょと抑え気味のミドル4). Sexiest Girl。Sexyの最上級ってどんな感じなんでしょう(笑)

アトランタの三人娘Kut KloseのメインボーカルAthena Cageをフィーチャーした。5). Butterscotch。ボコーダーを使った浮遊感のあるイントロにチラッとNobodyのフレーズが出てくるところあたりもさすが、ツボを押えてる感じがします。

タイトルどおり甘くて濃厚な歌詞なので、それを踏まえて聴くと、Athena Cageのボーカルもよりリアリティー出てきます(笑)

軽快な感じの6). Me and My Girl。バックコーラスの声質もいい感じの曲

声質がAlicia Keysに似た感じの女性ボーカルPaisley Bettisをフィーチャーしたスイートなメローナンバー7). Suga Suga Suga。 プロデューサーはWirlie "Wyl-E" Morris

ちょっと前作Rebirthの暗い前半を思い出させる曲調の8). Never Had a Lover。プロデューサーはRoy "Royalty" Hamilton

またまた女性ボーカルKeyshia Cole をフィーチャーした9). Love You Better。これもメローないい曲です。

そしてこのアルバムのハイライト(笑)10). Just Wanna Sex You

ピアノの使ったキレイ目のイントロから始まるメロディアスな曲ですが、歌詞的には「Rケリーかよっ!」と思わずツッコミを入れたくなるような素敵な内容です(笑)

朝から、夜も、ボクのジープで、ランチタイムに、仕事中に、そして極めつけは、strange placeで。。。(笑)激しく同感したいところですが、ちょっと何もいえません(笑)

キャリア20余年のベテランにもかかわらず、こんな曲を堂々と発表してしまうとは、やはり彼こそR&B界のレジェンドにふさわしいシンガーなのでしょうか(笑)

落ち着いた感じの11). What's a Man to Do。10)、11)ともプロデューサーはRoy "Royalty" Hamilton。

ラストはしっとりとした曲調ながら、感情をこめて歌い上げる感じの12). Teach Me 。この曲にもライティングとバックコーラスにRLが参加しています。

Keith Sweat好きには待望のといった今回のアルバムですが、その期待を裏切ることなく、質の高いアルバムに仕上がっています。

前作のRebirthの雰囲気を残したかったのか、前作でも起用したスロー&メローを得意とするRoy "Royalty" Hamiltonをメインのプロデューサーに据え、そしてまた若手のプロデューサーなども併せて起用し、アルバム全体に変化を持たせています。

今回のアルバムには突出しての名曲、ヒット曲的なものはありませんが、全体を通してとてもいい雰囲気が流れるアルバムに仕上がっていて、安心して何度でも聴ける1枚といえるでしょう。

年齢を重ねても攻める姿勢を忘れない、逆に円熟し輝きを増していくようなKeith Sweatを是非見習いたいと思います(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

Sweat Hotel Live

Sweat Hotel Live~Keith Sweat

51kb2befu6el_ss500_ Keith Sweatの通算2枚目のライブアルバム

  2007年リリース。レーベルはSony Wonder

 DVD版とCD版の2種類のリリース。

1. Intro
2. Something Just Ain't Right
3. Don't Stop the Love
4. I'll Give All My Love to You
5. Lose Control
6. Freak Me
7. There You Go
8. Right & Wrong Way
9. How Deep Is Your Love
10. My Body
11. Get Up on It
12. Twisted
13. I Want Her
14. Make It Last Forever
15. Let's Chill
16. There You Go
17. Nobody
18. Just Got Paid All-Star Finale
19. Bonus Materials

今回も2). Something Just Ain't Rightからライブが始まります。Keith Sweatより前にTeddy Rileyがステージに登場します。

そのままの流れで3). Don't Stop the Love 、4). I'll Give All My Love to You

続いてSILKが彼らのナンバー5). Lose Control 6). Freak Me

NEW JACK CITYのサントラからの7). There You Goこの曲も結構ライブでやりますね。

8). Right & Wrong Way、9). How Deep Is Your Love。ねっとりとしたグルービーな曲が続きます。

LSGのナンバー10). My Body 。若くしてなくなってしまったGerald Levertを回想して曲に入っていきます。

アトランタの3人娘Kute Kloseが登場して11). Get Up on It12). Twisted

ダンサーも登場してノリノリの13). I Want HerTeddy Rileyのキーボードソロも。

デュエットの名曲14). Make It Last Forever 本物のJackie McGheeが登場してます。

続いてCharlie WilsonGUYのナンバー15). Let's Chill

Kute KloseAthena Cage17). Nobody

ラストはオールスター勢ぞろいのJohnny Kempのナンバー18). Just Got Paid

いくつかのラジオ局と連携して展開されているショープログラムKeith Sweat Hotelの一環として行なわれたライブ。

こんなゲストを迎えたライブはもう二度とないんじゃないかと思えるくらいの豪華メンバーが勢ぞろいして出演しています。

KeithがとれてSweat Hotelだけだと微妙な意味になる気もしますが。。。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

Keep It Comin'

Keep It Comin'~Keith Sweat

Keep_it_comin_album_cover

  Keith Sweatの3rdアルバム

  1991年リリース。レーベルはElektra

 2ndアルバムI'll Give All My Love to Youの翌年のリリース

1. Keep It Comin'
2. Spend a Little Time
3. Why Me Baby?
4. I Really Love You
5. Let Me Love You
6. I Want to Love You Down
7. I'm Going for Mine
8. Tellin' Me No Again (There You Go)
9. Give Me What I Want
10. Ten Commandments of Love
11. Keep It Comin' [Smooth Version]

いきなりアルバムタイトル1). Keep It Comin'New Jack Swingと軽めでキャッチーなHIPHOPテイストが上手くブレンドされたヒットナンバー。

この曲のプロデューサーにはなんとJoe Publicのクレジットが!このアルバムの翌年に、もっと軽く、もっとキャッチーなテイストの彼らのデビューアルバムがリリースされます。

声を聴けば誰でもすぐわかる(笑)The Gap Bandcharlie wilsonをフィーチャーした2). Spend a Little Time

スロー&メローナンバー3). Why Me Baby? 今度はL.L. Cool Jをフィーチャーし豪華ゲストのオンパレードです(笑) この曲にはTeddy Rileyもプロデューサーとミュージシャンとして参加しています。2ndのMerry Go Round ライクな曲というか、フレーズがちょっと出てきますが、これもスローの名曲。

一転HIPHOP調の4). I Really Love You 。アップめのいい感じの曲です。

またHIPHOPテイストのミディアムナンバー5). Let Me Love You。Joe Publicっぽい感じもしますが、Joe Publicではありません。

ここでまたスロー6). I Want to Love You Down。これもメロディアスでいい曲。

イントロがなんとなく1stのIn the Rainを連想させるスローナンバー7). I'm Going for Mine

Keith Sweatお得意の粘着系スロー&メローナンバー(笑)8). Tellin' Me No Again (There You Go) 。これです。この感じですよ。やっぱり(笑)

これもKeith Sweatワールド全開の9). Give Me What I Want 。この曲の男性バックボーカルもすごく上手くていい声してます。

ややメリハリのないスローナンバ-10). Ten Commandments of Love

アルバムタイトル1曲目をシックな感じのアレンジにした11). Keep It Comin' [Smooth Version]でエンディング。このアレンジもいい感じです。

2ndの翌年にリリースされたこの3rdアルバムですが、時代の勢いのようなものが感じられます。製作期間が短いながらも、ヒットナンバーもあり、いつもながら全体の雰囲気も統一されていて、まさにKeith Sweatに駄作無し(笑)という感じがします。

しかし、このジャケットの写真はいまいちです(笑)もっと違う写真でもよかったと思いますが。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

I'll Give All My Love to You

I'll Give All My Love to You~Keith Sweat

084 Keith Sweatの2ndアルバム

1990年リリース。レーベルはElektra

大ヒットしたデビューアルバムMake It Last Foreverから3年後にリリースされたアルバム

1. Interlude (I'll Give All My Love to You)
2. Make You Sweat
3. Come Back
4. Merry Go Round
5. Your Love
6. Your Love, Pt. 2
7. Just One of Them Thangs
8. I Knew That You Were Cheatin
9. Love to Love You
10. I'll Give All My Love to You

このセカンドアルバムでも、前作同様ヌメヌメした(笑)Keith Sweatワールドが展開されます。

そしてMake It Last ForeverでデュエットしたJacci McGheeも何曲かに参加しています

ラストナンバーとなっているアルバムタイトルI'll Give All My Love to YouInterludeでオープニング。導入部を雰囲気のあるものにしています。

そしてNew Jack Swingテイストバリバリのダンスナンバー2). Make You Sweat。これもヒットしました。

一転スロー3). Come Back。やっぱりKeith Sweat はスローの曲のほうが持ち味が出ます。

Keith Sweat初期の名曲の一つ4.) Merry Go Round 。哀愁漂うメロディアスな今聴いても古さを感じさせない曲。7分半もあるロングナンバーKeithが切々と歌い上げます。

2部構成になっている5). Your Love 。6). Your Love, Pt. 2これも New Jack Swingテイストというか、クラブのりっぽいアレンジの曲。Pt. 2のほうがよりディープな雰囲気。やたらと”ウー”とか”アー”とかいうのが気になります(笑)が2曲構成にするところなど、地味ながらなかなかカッコイイ曲です。

そして昨年40代前半にして亡くなってしまったGerald LeVertをフィーチャーした7). Just One of Them ThangsGeraldKeithの声がよくマッチしていて、いい雰囲気の曲。

優れたボーカリストとしてだけでなく、プロデューサーとしても様々なアーチィストの多くのアルバムにかかわり、まだまだこれからが期待されたGeraldだけに本当に残念です。LSGの3rdも期待していましたが、2で終了ということになるでしょう。

スローの8). I Knew That You Were Cheatin 。ボコーダーを使ったコーラスがKeithの声によくマッチしています。Jacci McGheeもバックで入っています。これもメロディアスでいい曲。

ちょっとKeithらしくない曲調の9). Love to Love You 。なんかC.J. LEWISっぽい感じ(笑)

そしてラストナンバーのアルバムタイトル10.) I'll Give All My Love to You。これもベスト盤入り確実な名曲。丁寧に作られている感じがします。

曲が終わってからさらにオープニングと同じような Interludeがはいり、オープニングに対して結語のようになっています

このアルバムでTeddy Rileyはプロデューサーとしてのクレジットはなく、ミュージシャンとしていくつかの楽曲に参加するのみとなっています。

Teddy無しでもこれだけNew Jack Swingテイストを出せるということは、Keith Sweatにも多分にNew Jack Swingの素養があったのでしょう。

この2ndアルバムも完成度が高く全体としてよくまとまっている印象。ヒット曲もいくつかあり、アルバムとしては申し分ないように思えます。しかしなぜか、1stを聴きまくっていたのにこの2ndアルバムはそうでもありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

Make It Last Forever

Make It Last Forever~Keith Sweat

089 R&B界のレジェンドKeith Sweatの17年ぶりの来日を記念して秋のKeith Sweat祭りを開催しようと思います(笑)

Keith Sweat本名はKeith Crier。なぜ Sweatにしたのでしょうか。まさか、すごい汗っかきだから?(笑) 

1961年New York のHarlem生まれ。いくつかのバンド活動を経て1987年、26歳の時にデビューアルバムをElektraレーベルよりリリースします。写真のセーターが時代を感じさせます(笑)

今や、New Jack Swingの原点と引き合いに出される事の多いこのアルバムですが、当時はそんなことは考えず、ただいいアルバムだと思って聴いてました。カーステでかなり聴きこんだのでテープが伸びてダメになってしまった覚えがあります。

1. Something Just Ain't Right
2. Right and a Wrong Way
3. Tell Me It's Me You Want
4. I Want Her
5. Make It Last Forever
6. In the Rain
7. How Deep Is Your Love
8. Don't Stop Your Love

プロデューサーはTeddy Rileyだとばっかり思っていたら、プロデューサーにはKeith Sweat自らのクレジットがあります。Teddyはコ・プロデューサーでのクレジット。

特徴のあるギターのフレーズから始まるオープニング1). Something Just Ain't Right。リズムのノリというか曲調がKeithの声と絶妙にマッチしてのっけからKeith Sweatワールドに引き込まれていきます。

スローバラード、2). Right and a Wrong Way ねっとりとしたグルーブが心地いい名曲です。Sweatの名の由来はこの声質のねっとり感から来てるのかとも思えてきます。

よくKeithの声はダミ声と評されますが、決してダミ声なんかではありません。断言します。ただねっとりとしているだけに、一度はまったら抜けられない魅力を持った声質だと思います(笑)

ミディアム調の3). Tell Me It's Me You Want この曲も同じようなグルーブでどっぷりとKeith Sweatワールドに入り込んでいきます。

Keith SweatそしてTeddy Rileyの名を知らしめることになった、誰もが知ってる大ヒットナンバー(笑) 4). I Want Her。 先日のライブでも大盛り上がりでしたが、New Jack Swingテイストバリバリの名曲です。今聴いても充分カッコイイ曲。

そしてLPではここからB面。80年代New Jack Swing界に燦然と輝くJacci McGheeとのデュエット、5). Make It Last Forever 。これも目を閉じて聞き入ってしまう名曲です。個人的にはデュエットの中でもベスト5入り確実な曲。そういえばJacci McGheeの声もやや粘着質系です。

のちに、Mariah Careyや、R&B界のおしどり夫婦(笑)Chanté MooreKenny Lattimore などもこの曲をカバーしてます。

The Dramaticsの名曲のカバー6). In the Rain 。雨音や雷鳴の効果音がバックにずっと入るこの曲も声質とアレンジがビターッとマッチして最高の曲となっています。Keith Sweatの粘性の高い湿った声質には雨の曲がはまるのも当然かも知れません。

雨上がりのジメジメ感が残っているような雰囲気の7). How Deep Is Your LoveKeith Sweatワールドが継続しています。

アップめのラストナンバー8). Don't Stop Your Loveでエンディング。

全体からNew Jack Swingテイストとアクの強いKeith Sweatワールドが溢れるこのアルバム。全曲を通して雰囲気が乱れることなく作品としての一体感が感じられます。

ほとんどの曲が、KeithとTeddyの合作のようになっていますが、やはり能力の高さがなせる業なのでしょう。

今聴いても粘着質のヌメヌメした(笑)Keith Sweatワールドどっぷり浸れる、素晴しい傑作アルバムです。

雨の日のドライブにはKeith Sweatのアルバムがお勧めです。特にこのMake It Last Forever のアルバムは雨によく合う感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

My Name Is Joe

My Name Is Joe~joe

303   joeの3ndアルバム。

  2000年リリース。レーベルはJive/bmg

 2ndの路線を踏襲し、全体的にしっとりとした落ち着いたアルバムに仕上がっています。でも、もう3作目なんだから今更My Name Is Joeってのもちょっと。。。

1. My Name Is Joe (Intro)
2. Somebody Gotta Be on Top
3. Stutter
4. Table for Two
5. I Wanna Know
6. Treat Her Like a Lady
7. Get Crunk Tonight
8. 5 6 3 (Joe)
9. Peep Show
10. One Life Stand
11. Black Hawk
12. I Believe in You
13. So Beautiful

14. Thank God I Found You [Make It Last Remix Edit]

今回のアルバムでも、joeはほとんどの曲のプロデュース、そして作詞、作曲にクレジットされています。ただ、前作よりもその割合は少なくなっています。またプロデューサーとして今回はTeddy RileySteve Huff のクレジットがあります。

アカペラのイントロのオープニング#1. My Name Is Joe

コーラスがいい感じにかぶってくる、#2. Somebody Gotta Be on Top

ややアップめのミディアム #3. Stutter 。カッコイイ曲だなと思ったらTeddy Rileyのプロデュース。

軽快なドラムのビートにヴォーカルとコーラス重なる#4. Table for Two。

そして、スムース&メロー王道のヒットナンバー#5. I Wanna Know 。これも哀愁のあるメロディーに、コーラスとjoeのシルキーボイスが絡み合う。ナイスな曲です。メロンパンナちゃんのメロメロパーンチならぬ、joeのメロメロ~口撃が炸裂します。(わからない方ごめんなさい。笑)

また同じようなスロー曲調の#6. Treat Her Like a Lady 。この曲はSteve Huffのプロデュース。同じような曲調が続くと、往々にしてメリハリがなくなるのですが、joeのアルバムではそんなことはありません。さすがです。

ややエスニック調の#7. Get Crunk Tonight

#8. 563 (Joe) これも#7と同じくややエスニックな感じの曲。563は携帯のキーの配列らしいです。

これも上質のメローナンバー#9. Peep Show 。プロデュースにAllen "Allstar" Gordon Jr. のクレジット。これもナイスな曲。

またまた同じような曲調でたたみかけるメローナンバー#10. One Life Stand 。でも、まったく飽きません。なんてったってjoeワールドですから。聞いてる人を、特に女性をどっぷりと彼の世界に引き込んでいきます。うーん。なんて素敵な世界。(笑)

ここでちょっと曲調が変わって#11. Black Hawk

そして#12. I Believe in You 。前作に入っていたNo One Else Comes Closeにイメージが近い、シンプルなアレンジの曲。意外とjoe自身はこういうシンプルでアコースティックな曲のほうが好きなのかも知れません。 先日のビルボードライブでの公演でもシンプルなギターでの弾き語りをやってたし。

ゆったりとした曲調の#13. So Beautiful 。これもきれいなコーラスがいい感じで入るナイスな曲です。デートの締めにぴったり。

そして豪華キャストで送るラストナンバー#14. Thank God I Found You [Make It Last Remix Edit]。 Mariah CareyNasをフィーチャーし、80年代ニュージャックスイング界に燦然と輝く珠玉のデュエット曲、Make It Last Foreverをベースにアレンジした曲。イントロを聞くだけでハッとしてグッときてしまう感じです。(笑)

2ndアルバムに負けず劣らず、この3rdアルバムも大ヒットし、スムース&メロー(エロー)のアーティストイメージが定着しました。

このアルバムも全体を通して、質の高い楽曲が多く、どっぷりとjoeの世界に浸ることができます。女性のみならず、男性にとっても色々と勉強できるのでお勧めのアルバムです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)