Wirlie "Wyl-E" Morris

2008年9月23日 (火)

Just Me

Just Me~Keith Sweat

Tyzn1_646747_m 久々のオリジナルアルバム。これで通算10枚目に。

2008年リリース。レーベルはRhino

2002年にリリースされたRebirth以降、ライブアルバムや、ベストアルバム、クリスマスアルバム、そしてSweat Hotel のライブDVDなど企画ものはあったものの、オリジナルアルバムのリリースはなかったので、本当に久々のという感じがします。

製作自体はもっと早い時期に終わっていたようですがいろんな事情があって発売が延期になってしまったようです。

1. Somebody
2. Floor
3. Girl of My Dreams
4. Sexiest Girl
5. Butterscotch
6. Me and My Girl
7. Suga Suga Suga
8. Never Had a Lover
9. Love You Better
10. Just Wanna Sex You
11. What's a Man to Do
12. Teach Me

Blue MagicWhat's Come Over Meのイントロをサンプリングというよりそのまま使った1). Somebody。ボコーダーを使ったコーラスがメロディーラインにマッチして心地いいグルーブを感じさせるメローなミディアムナンバー。

Keith Sweatは以前にもsilkの2003年リリースのアルバムsilktimeでこのBlue Magicによるフィリーソウルの名曲Side Showのカバーをプロデュースしていますが、彼の70年代ソウルへの深い思い入れが感じられます。

プロデューサーは前作Rebirthでも何曲か参加しているRoy "Royalty" Hamilton。そしてラップパートにはクリスマスアルバムにも参加しているChris "F.L.O" Connerが入っています。

続いてもグルーブ感たっぷりの2). Floor。プロデューサーはこれもKeith Sweatのアルバムに参加するのは超久々のTeddy Riley。ゆったりとしたベースラインにねっとりとしたコーラスとボーカルが絡みつくように進行していくこれぞKeith Sweatワールドの本領発揮という感じの曲。

そしてまたボコーダを使ったコーラスの入り方あたりはTeddy’s jamを遠い記憶の底から思い出させてくれます。ライティングとバックコーラスにはNextRLことR.L. Huggarも参加しています。

the amabassadorzというプロデューサーが入った3). Girl of My Dreams。これも流れるような軽快なコーラスとボーカルが上手く調和していい感じの曲。

ちょと抑え気味のミドル4). Sexiest Girl。Sexyの最上級ってどんな感じなんでしょう(笑)

アトランタの三人娘Kut KloseのメインボーカルAthena Cageをフィーチャーした。5). Butterscotch。ボコーダーを使った浮遊感のあるイントロにチラッとNobodyのフレーズが出てくるところあたりもさすが、ツボを押えてる感じがします。

タイトルどおり甘くて濃厚な歌詞なので、それを踏まえて聴くと、Athena Cageのボーカルもよりリアリティー出てきます(笑)

軽快な感じの6). Me and My Girl。バックコーラスの声質もいい感じの曲

声質がAlicia Keysに似た感じの女性ボーカルPaisley Bettisをフィーチャーしたスイートなメローナンバー7). Suga Suga Suga。 プロデューサーはWirlie "Wyl-E" Morris

ちょっと前作Rebirthの暗い前半を思い出させる曲調の8). Never Had a Lover。プロデューサーはRoy "Royalty" Hamilton

またまた女性ボーカルKeyshia Cole をフィーチャーした9). Love You Better。これもメローないい曲です。

そしてこのアルバムのハイライト(笑)10). Just Wanna Sex You

ピアノの使ったキレイ目のイントロから始まるメロディアスな曲ですが、歌詞的には「Rケリーかよっ!」と思わずツッコミを入れたくなるような素敵な内容です(笑)

朝から、夜も、ボクのジープで、ランチタイムに、仕事中に、そして極めつけは、strange placeで。。。(笑)激しく同感したいところですが、ちょっと何もいえません(笑)

キャリア20余年のベテランにもかかわらず、こんな曲を堂々と発表してしまうとは、やはり彼こそR&B界のレジェンドにふさわしいシンガーなのでしょうか(笑)

落ち着いた感じの11). What's a Man to Do。10)、11)ともプロデューサーはRoy "Royalty" Hamilton。

ラストはしっとりとした曲調ながら、感情をこめて歌い上げる感じの12). Teach Me 。この曲にもライティングとバックコーラスにRLが参加しています。

Keith Sweat好きには待望のといった今回のアルバムですが、その期待を裏切ることなく、質の高いアルバムに仕上がっています。

前作のRebirthの雰囲気を残したかったのか、前作でも起用したスロー&メローを得意とするRoy "Royalty" Hamiltonをメインのプロデューサーに据え、そしてまた若手のプロデューサーなども併せて起用し、アルバム全体に変化を持たせています。

今回のアルバムには突出しての名曲、ヒット曲的なものはありませんが、全体を通してとてもいい雰囲気が流れるアルバムに仕上がっていて、安心して何度でも聴ける1枚といえるでしょう。

年齢を重ねても攻める姿勢を忘れない、逆に円熟し輝きを増していくようなKeith Sweatを是非見習いたいと思います(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)